TOEIC勉強法が分からない。公式問題集が道しるべの参考書!

TOEIC公式問題集英語学習
TOEIC公式問題集

TOEIC対策では人によって苦手な部分があり、

単語帳や文法対策本など克服するための参考書を手にすることがほとんどです。

しかし、

どの参考書を選んでどう勉強していけばよいかわからない方もいるかと思います。

こんな方におすすめ

TOEIC対策、

  • 何をしていけばよいかわからない
  • 進めていくべき問題集を知りたい

その解決策は、最終的にはTOEIC試験という一つのゴールだということにあります。

TOEIC試験は、誰もが同じ問題を解きます。

人それぞれ苦手な部分を克服したとしても、試験自体を解けるようにならなくては参考書を手にして対策した意味がなくなってしまいます。

そこで、

試験対策の最後の仕上げにも活用、迷いのない対策の流れづくりもできる、

TOEIC公式問題集の使い方について紹介します。

TOEIC試験において問題演習は必須

TOEICに限らず、試験の問題演習をすることはとても大切です。

問題演習を通して、自分の苦手なところに気づいたり問題の傾向を掴み、慣れることもできます。この問題演習に最適なのがTOEIC公式問題集です。

TOEIC公式問題集の使い方

使い方

TOEIC対策をしていくうえで、自分の苦手なところや得意なところを把握し実力を知ることは

TOEIC対策学習を進めていく上で重要な作業になります。

TOEIC公式問題集にはリスニングとリーディングが2回ずつ、TOEICテスト2回分のテストが盛り込まれています。これを利用してTOEIC対策の流れを生み出し、進めていきます。

TOEIC公式問題集|対策の流れ

TOEICの対策の流れは、次のようにすると効果的です。

  1. TOEIC公式問題集のテスト1回分を解く
  2. 復習と見つけた苦手の対策
  3. 再び、一度1回目のテストを解く
  4. 改めて復習と新たに発見した苦手の克服
  5. 最終確認として2回目のテストを解く

公式問題集による問題演習は、「復習重視」で行いましょう。一つ一つの問題を「次ぎ来たら必ず解ける!」という状態までもっていきましょう。

TOEIC公式問題集|実力の把握

まず、公式問題集の1回目のテストを解きます。対策を進めていくための実力把握のためです。

時間が足りなくなったとしても、時間不足になるという事実を把握して、最後まで解きましょう

解き終えたら、解説を読みながら自分の回答を見直し、苦手な部分を見つけます

  • TOEIC単語が分からないだけなのか
  • 文法問題を落としやすいのか
  • 時間が足りず長文問題を解けなかったのか

など。

人それぞれ解決するべき課題が見つかるかと思います。ここで初めて書店に並ぶ単語帳や文法対策本を購入して進めていきます。

TOEIC公式問題集|試験慣れ

テスト前にもう一度公式問題集の1回目のテストを解きます。対策をうまく進めていれば必ず最初に解いた時より、スコアアップしているはずです。ここでもし、苦手な点が新たに見つかれば更なる対策を進めていきます。

最後に公式問題集の2回目のテストを解きます。

これは対策というより、試験慣れのための仕上げです。

対策を進めてきていれば、確実にスコアアップしているはずです。

勿論、時間があればこの結果を分析してさらなる対策を施すのが良いです。

ここまでが公式問題集を使った学習の流れになります。

TOEIC公式問題集|具体的な使い方

  1. テストを付属のマークシートをコピーして使う(何回も解き直しが可能に!)
  2. マークシートと解答冊子をセットで持ち歩く(問題冊子は必要に応じて持ち歩く)
  3. リスニングの原稿を読みながら音源を聞いたり、文法問題の解説を読んだりする

>>> TOEIC勉強法!演習量が少なくても苦手見つけてスコアアップ!

まとめ

公式問題集を用いてTOEIC対策を進めていく流れをつかめたでしょうか。

TOEIC対策では、苦手な部分に気づき克服することがスコアアップのカギになります。

TOEIC問題集を利用した迷いのない対策の流れで、効率的に苦手を克服していきましょう。そして最後にまた問題集を解き、試験に万全の体制で望みましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました