【最大ポイント2.5%】Amazon現金チャージがお得!

ココが違い!SONY新作WF-1000XM4【XM3と比較レビュー】

ココが違い!SONY新作WF-1000XM4【XM3と比較レビュー】 ガジェット

SONYの新作ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」を1か月使用。

旧モデルWF-1000XM3の短所を克服し、性能アップを実感。

WF-1000XM3」と「WF-1000XM4」の決定的な違いを比較しながら、正直な感想をレビューしていきます。

スポンサーリンク

SONY WF-1000XM4【デザインと付属品】

本体デザイン

SONY WF-1000XM4【デザイン】

シルバーとブラックのシンプルな2色展開。

コンパクト軽量ながら、マットな質感と黒金のシンプルカラーで高級感があります。

私はブラックのモデルを選択

付属品

SONY WF-1000XM4【付属品】
付属品
  • 本体(イヤホン+ケース)
  • イヤーピース(S/M/L)
  • Type-C充電用ケーブル
  • 取扱説明書

付属品はエコパッケージにギュギュっと同梱。

SONY WF-1000XM4【エコパッケージ】

コパッケージは開封後、閉めることが出来ないので、保証書やイヤーピースの保管に悩むのが難点。

SONY WF-1000XM4スペック【WF-1000XM3違い比較】

SONY WF-1000XM4スペック【WF-1000XM3違い比較】

新作WF-1000XM4と旧モデルWF-1000XM3の違いを比較しながら、スペックを見ていきます。

製品名 WF-1000XM4 WF-1000XM3
外観
大きさ 約39x67x29mm 約54x79x29mm
重さ
(ケース込)
約7.3g x2
(約41g)
約8.5g x2
(約77g)
ノイキャン性能
外音取り込み
ハイレゾ対応 ×
ハイレゾ級高音質 DSEE Extreme DSEE HX
防滴 ×
バッテリー
(ノイキャンON)
8h
+16h(ケース充電)
6h
+18h(ケース充電)
バッテリー
(ノイキャンOFF)
12h
+24h(ケース充電)
8h
+24h(ケース充電)
充電時間
(本体・ケース)
1.5h・3h 1.5h・3.5h
ワイヤレス充電 ×
対応コーデック SBC、AAC、LDAC SBC、AAC
市場価格 33,000円(税込) 27,500円(税込)

違いココ!WF-1000XM4とWF-1000XM3【比較】

違いココ!WF-1000XM4とWF-1000XM3【比較】

WF-1000XM4とWF-1000XM3の決定的な違いを紹介していきます。

結論、WF-1000XM4は、

WF-1000XM3の短所を克服した完全上位モデルです。

圧倒的コンパクト40%小型化

違いココ!WF-1000XM4とWF-1000XM3【サイズが40%コンパクトに】

WF-1000XM4は本体サイズが圧倒的にコンパクトに!

約40%の小型化で、ポケットにサッと入れて持ち運べる。

モバイル性能はAirPods Proを越える勢いです。

ノイキャン性能が向上

違いココ!WF-1000XM4とWF-1000XM3【比較】ノイキャン性能が向上

WF-1000XM4では本体の両面にノイズセンサーを搭載。

騒音を打ち消す音を、より高精度に生成できるようになりました。

風切り音も軽減

WF-1000XM4は、本体外側のマイクで風を検知、自動で風切りを低減ができるようになりました。

外音取り込みも便利に

「スピークトゥーチャット」機能で話し始めると自動でノイキャン停止

外音を取り込めるようになり、イチイチイヤホンを外す必要がなくなります。

鼻歌でもONになる

ので注意ですw

イヤーピースが新素材に!

違いココ!WF-1000XM4とWF-1000XM3【比較】イヤーピースも進化

独自開発のポリウレタンフォーム素材を採用。

ウレタンの柔らかさを持ちつつ、シリコンの様な滑らかさがあります。

遮音性、装着の安定性が高く、実際に装着すると旧モデルと段違いです。

ハイレゾでリアルな音質に

違いココ!WF-1000XM4とWF-1000XM3【比較】さらにリアルな音質に

音質面では大きく2点で向上しました。

  • ハイレゾ級高音質が進化
  • ハイレゾ音源対応

ハイレゾ級高音質が進化

AI技術で音源をハイレゾ級にアップスケーリングする機能が向上。

「DSEE HX」→「DSEE Extreme」に進化、

より臨場感のある音質を楽しめるようになりました。

ハイレゾ音源対応

LDACコーデックに対応し、従来の3倍の情報量でより忠実に音質を再現を実現。

言葉で表現できないような繊細な音も楽しめます。

バッテリー長持ち8時間

新作WF-1000XM4違い比較レビュー【バッテリー時間長持ち】

イヤホン本体のバッテリー性能が向上。

本体充電持ちは、WF-1000XM3より+2時間で8時間に。

充電を気にせず音楽に没頭できます。

遂に!ワイヤレス充電対応

新作WF-1000XM4違い比較レビュー【ワイヤレス充電対応】

個人的に最も嬉しいポイントはココ!

WF-1000XM4でワイヤレス充電が出来るようになりました。

サッとおいて充電できるのは快適。

もうケーブルをイチイチ挿す手間は必要ありません。

防滴でより自由に

新作WF-1000XM4違い比較レビュー【防滴搭載】

WF-1000XM4でついに防滴を搭載。

水没はダメですが、IPX4の生活防水に対応し、突然の雨や運動中の汗でも耐えられます。

WF-1000XM3は屋内専用という感じでした。

多少の雨でも気にすることなく、使う場所を選びません

SONY新作WF-1000XM4違い比較レビュー【まとめ】

新作WF-1000XM4違い比較レビュー【まとめ】

SONY新作WF-1000XM4とSONY WF-1000XM3の決定的な違いを比較レビューをしてきました。

進化した機能ををザックリとまとめると

WF-1000XM3でも音質に圧倒されましたが、WF-1000XM4では特に低音が繊細に感じました。

ワイヤレスイヤホンで何にするか迷っていて、
「音質・ノイキャン重視!」

という方におすすめしたいイヤホンです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました