【SONY WF-1000XM3レビュー】最高の音質とノイキャンを試した正直な感想

【SONY WF-1000XM3レビュー】最高の音質とノイキャンを使った正直な感想テクノロジー

「実際、完全ワイヤレスのノイキャンは期待できない…」

と思い、手を出していなかったソニーWF-1000XM3。

そんな私がWF-1000XM3を使って3か月が過ぎ、

毎回外した瞬間「ノイズはこんなにあったのか」と感じる

もちろん、音質も満足の完全ワイヤレスイヤホン。

一方、防水性が無いなど、欠点もいくつか…

ソニーWF-1000XM3の実機を使用して感じた、正直なレビューをしていきます。

SONY WF-1000XM3のデザイン

SONY WF-1000XM3のデザインはブラックとプラチナシルバー

SONY WF-1000XM3のデザインはブラック(左)とプラチナシルバー(右)の2色を展開。

ケースは、しっとり滑らかな肌触りで、高級感のある2色のカラーリング。

私が選んだのはSONY WF-1000XM3のブラックのモデル

2つの素材、全7種のイヤーピース付属

SONY WF-1000XM3  写真左:トリプルコンフォートイヤーピース(発泡シリコン) 写真右:ハイブリッドイヤーピースロング(シリコン)
写真左:トリプルコンフォートイヤーピース(発泡シリコン)
写真右:ハイブリッドイヤーピースロング(シリコン)
  • ハイブリッドイヤーピースロング(シリコン)がSS/S/M/Lの4種類
  • トリプルコンフォートイヤーピース(発泡シリコン)がS/M/Lの3種類

合計7種類のノイヤーピースが付属。

好みの装着感にカスタマイズでき、フィット感を調節できます。

シリコンと発泡シリコンは好みが分かれるため、両方試せるのはとても嬉しい。

SONY WF-1000XM3 主なスペック

SONY WF-1000XM3 主なスペック
  • ドライバーユニット
    6mm ドーム型(CCAWボイスコイル採用)
  • イヤホン重量
    約8.5g x2
  • 充電時間
    約1.5時間
  • 充電方式
    USB充電(Type-C)
  • 電池持続時間(連続音声再生)
    最大6時間(ノイキャンON)
    最大8時間(ノイキャンOFF)
  • 電池持続時間(連続通話時間)
    最大4時間(ノイキャンON)
    最大4.5時間(ノイキャンOFF)
  • 電池持続時間(待受時間)
    最大9時間(ノイキャンON)
    最大15時間(ノイキャンOFF
    )

ケースの寸法測定と結果

SONY WF-1000XM3ケースの寸法測定と結果(ケースのサイズ)

ケースの寸法表示がないため測定をしました。

製品  高さ    幅    厚さ  
SONY
WF-1000XM3
約54mm約79mm約29mm
Apple
AirPods Pro
約45約60約22

比較のため、Apple AirPods Proの寸法もまとめました。

SONY WF-1000XM3 操作と機能

SONY WF-1000XM3 操作と機能

左右のタッチボタンでの簡単操作(購入時)

購入時のタッチボタン操作の初期設定は次のようになっています。

機能
再生/一時停止1回押し
次の曲2回押し
前の曲3回押し
外音コントロール切替
・ノイズキャンセリング
・外音取り込みON
・外音取り込みOFF
1回押し
一時外音取り込み
(クイックアクション)
長押し
Google アシスタント起動長押し

片側だけでも使用が可能

片側を耳から外すと一時停止、外したまま5分経つと電源OFFに。

片方をケースに戻すと片側だけの接続に切り替わってくれます。

「話しかけられるかもしれない…」といった場面で

片耳充電しつつ、片耳だけで聴くといった使い方もできます。

SONY WF-1000XM3【ココが特徴】

SONY WF-1000XM3ココが特徴

「カチッと消える」ノイズキャンセリング

SONY WF-1000XM3のカチッと消えるノイズキャンセリング

業界最高クラスのソニーWF-1000XM3のアクティブノイズキャンセリング機能。

マイクで拾ったノイズを相殺し、周囲の音環境に合わせて、ノイズキャンセリングを最適に。

イヤホン密閉による静けさに加えて、カチッとノイズキャンセルした瞬間は感動。

音楽を流さないと、周囲の会話や通知音など突発的な音は少し聞こえます。

しかし、音楽を流せば邪魔する音がなく、まさに没入できます。

特に効果を感じるは、イヤホンを外した後。

「こんなに騒音があったのか…」と驚くことでしょう。

人間工学に基づく「高い装着感」

SONY WF-1000XM3の人間工学に基づく高い装着感

カスタマイズできるイヤーピースに加えて、本体形状の工夫も装着感に貢献。

耳を3点で支えることで安定性と密閉性が実現されています。

耳に触れる部分が滑りにくい素材で、首を振っても飛ばない安定した装着感です。

手を添えて外音取り込み(クイックアクション)

SONY WF-1000XM3で手を添えて外音取り込み(クイックアクション)

イヤホンを装着したまま行動するのに便利な機能です。

左イヤホンのタッチボタン長押しで、外部音取り込み(クイックアクションモード)になります。

実は、Airpods Proに無い機能

お店のレジなど、「イヤホン外さず、ちょっと外部音を聞きたい」場面でとても便利です。

音源が高音質に!ハイレゾ級にスケールアップ

SONY WF-1000XM3音源が高音質に!ハイレゾ級にスケールアップ

ソニーの音響技術が現れている一つが、DSEE HXの機能。

CDやMP3などの圧縮音源も、ハイレゾのような高音質で楽しむことができます。

完全ワイヤレスでも高音質を楽しみたいという方には画期的な機能です。

「こんなに音質いい曲だったっけ…」

と高音質なサウンドを体感できます。

まだ使える!高性能でもバッテリー24時間

ソニーWF-1000XM3!高性能でもバッテリー24時間

高音質なサウンド、高性能なノイズキャンセリングを実現しつつ、バッテリーも長持ち。

本体だけで6時間。ケースのバッテリーと合わせれば24時間も使えます。

「使いたいときにバッテリー切れ…」

という心配も必要ないですね。

アプリと連携で魅力を最大限発揮

専用アプリ「Headphones」を利用すると、WF-1000XM3の機能を最大限発揮できます。

タッチセンサー操作をカスタマイズ

SONY WF-1000XM3タッチセンサー操作をカスタマイズ
photo:www.sony.jp

購入時に設定されているタッチセンサー操作をカスタマイズできます。

カスタマイズできる操作
  • 再生コントロール
  • 外音コントロール
  • 音量コントロール
  • Googleアシスタント
  • Amazon Alexa
  • 割り当てなし

>>操作詳細

バッテリーの残量確認

SONY WF-1000XM3アプリからバッテリーの残量確認

ケースバッテリー残量だけでなく、左右のイヤホンの充電残量までアプリから確認できます。

「思ったより充電チャージが少なくて出先で切れる…」

といった心配も防げます。

外音取り込み調整・風切音を軽減

SONY WF-1000XM3はアプリで外音取り込み調整・風切音を軽減

外音取り込みのレベルを22段階調整可能で、自分好みの設定ができます。

ノイズキャンセリングは、強風など周囲の環境によって、風切音が発生することがあります。

風切音とは、ノイズキャンセリングで風の音が余計に大きく聞こえてしまったりする音のこと。

WF-1000XM3は、アプリで「風ノイズ低減」という設定もあり、風切音を軽減できます。

イコライザー設定で自分好みの音質に!

SONY WF-1000XM3はアプリのイコライザー設定で自分好みの音質に!

イコライザーは8種類のプリセットから選択、または自分好みに設定できます。

Bright/Excited/Mello/Relaxed/Vocal/Treble Boost Bass/Speech/Manual/Custom1/Custom2の全11モードあります。

設定が面倒な方は、プリセットから好みを見つけるのがおすすめです。

SONY WF-1000XM3のココが欠点(AirPods Proにない)

Aipods Proにはない、SONY WF-1000XM3の欠点を見つけました。

防水・防滴性能がない

SONY WF-1000XM3の欠点:防水・防滴性能がない

近年の完全ワイヤレスイヤホンに標準搭載されている防水性がありません。

スポーツをしながら装着といった汗や水分がつくような使用には不向き。

しかし、私もそうですが、電車やカフェなど室内で使う機会が多いという人も多いですよね。

そういった使用では、防水性がないのは特にデメリットに感じません。

ワイヤレス充電に対応してない

SONY WF-1000XM3の欠点:ワイヤレス充電に対応してない

最近ではワイヤレス充電可能なワイヤレスイヤホンが多いが、WF-1000XM3はワイヤレス給電に対応していない。

しかし、これは特にデメリットには感じませんでした。

イヤホンはサクッと急速充電して、また使用したいもの。

ワイヤレス充電より有線の方が充電速度も早く、不便に感じたことはないです。

SONY WF-1000XM3レビュー【まとめ】

【SONY WF-1000XM3レビュー】最高の音質とノイキャンを使った正直な感想

ソニーWF-1000XM3は、防水性がないなど欠点はあります。

しかし、それを上回る、心地いい高音質を体感できるワイヤレスイヤホン。

あいみょんの曲のギター音も、シャリシャリしません。

横で聞いているかの様な、繊細で重厚感のあるサウンドで楽しめます。

完全ワイヤレスイヤホンでも、音質に妥協しない方におすすめです。

もちろんノイズキャンセリングも一流。

電車やカフェで、カチッとノイキャンして、

高音質を楽しみながら、作業や勉強に集中してみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました