【最大ポイント2.5%】Amazon現金チャージがお得!

【実際どう?】スマートロックのデメリット・メリット

スマートロックのメリット・デメリット ガジェット

スマートロック、
メリット・デメリット
実際どうなんだろ?

「スマートロックって便利なの?」と思いつつ導入してみた私ですが、

スマートロック「Qrio Lock」を1年以上使用してきました。

実際に使ってみて感じた、スマートロックのメリット・デメリットを紹介していきます。

結論、メリットがかなり大きく使うのも楽しいです。

スポンサーリンク

スマートロックのメリット5つ【できること】

スマートロックのメリットとしては、この5つかと思います。

メリット①:オートロック閉め忘れ防止

スマートロックの最大のメリットも言えるのがオートロック機能

ドアが閉まるのを確認して、しっかり施錠してくれます。

「カギをちゃんと閉めたかな?」

と不安に思ったまま過ごすこともありません。

メリット②:外出先から遠隔操作できる

オートロックを設定しない場合、

「あっカギ閉め忘れた」という場面でサッと施錠可能。

また、家族や友達が遊びに来た時、遠隔操作でカギを開閉できます。

メリット③:一時的に鍵をシェア可能

レンタルルーム・オフィスで活躍する機能。

一時的に鍵をシェアして、一方的に共有を辞めらます。

スマートロックなら、実物の様にコピー鍵を作られる心配もなく安心です。

メリット④:解錠・施錠の記録が残る

スマートロックでは鍵の管理も強化できます。

誰が何時に解錠・施錠したのか履歴が残る

利用者を特定することが出来るのは安心ですね。

メリット⑤:ハンズフリーでカギ探す必要なし

「鍵どこだっけ?」

鞄やポケットを探る必要はありません。

近づくとスマホの信号をキャッチしてハンズフリー解錠

近未来的な機能があるスマートロックも登場。

メリット⑥:セキュリティー強化

スマートロックをつけて機能が追加されることで

  • 鍵の使用した履歴が残る
  • オートロックで閉め忘れ防止

など、スマートロックでセキュリティ強化。

便利+安心をひとつで実現してくれます。

スマートロックのデメリット

スマートロックのデメリットとしてはこの4つかと思います。

デメリット①:解錠まで待つ

スマートロックの動作の流れは「スマホを認証⇒解錠」。

この時間が約1秒~3秒の製品が多いです。

「カギを探す⇒差し込む」の時間と比べると圧倒的に時短になります。

デメリット②:価格が高い

スマートロックの導入コストは正直、高い。

カギに対して更にカギをかけることになるので、その分費用が掛かってしまう。

しかし、オートロックや解錠履歴の記録等の機能がプラス。

スマートロック導入費用に対する効果大。

何より毎日のドアの開け閉めが楽しくなります。

デメリット③:電池切れ?定期交換は必要

スマートロックは電池で動作するため、どうしても定期的に電池交換が必要です。

しかし、スマートロックも日々進化していて、Qrio Lockを例にとると840日連続動作。

つまり、2年以上も電池交換不要

電池で動いていることすら忘れてしまいます。

また、電池残量をスマホで確認できるので「突然電池切れ。」という心配はありません。

デメリット④:スマホ充電切れで使えない

スマートロックでは「スマホ=鍵」となります。

つまり、スマホの充電切れには対応できません。

とはいえ、通常のカギでも開閉できるタイプがほとんど。

スマホが万が一充電切れになったときのために、鍵も持ち歩けば問題なしです。

通常のカギも使えるスマートロックの比較記事

>>賃貸OK!おすすめスマートロックを比較【後付けタイプ】

デメリット⑤:締め出しの可能性がある

スマートロックのオートロック機能を使う際、手ぶらで外出すると締め出しの可能性があります。

ただ、多くの方はスマートフォンか鍵は持ち歩くので締め出しの可能性は低いです。

とはいえ、心配な方は念のため財布などにカギを入れておくと安心。

スマートロックはメリットが大きい

実際に使用して感じた、スマートロックのメリットとデメリットを紹介してきました。

たしかに、価格が高く感じる、電池切れの心配があるデメリットもありました。

とはいえ、次のようにメリットが大きくて便利です。

毎日のドア開閉を、スマートロックで楽しく快適にしてみては。

スマートロックの比較もしているので読んでみてください

>>賃貸OK!おすすめスマートロックを比較【後付けタイプ】

よくある質問

価格が高い、解錠を待つ、電池交換が必要など…

オートロックやカギ閉め忘れ防止、セキュリティ強化など…

コメント

タイトルとURLをコピーしました