【Amazon超活用!】プライム会員の特典まとめ

賃貸OK!スマートロックのおすすめ違い比較【後付けタイプ】

賃貸OK!おすすめスマートロック比較【後付けでひとり暮らしにも】 スマートロック

取り外し簡単で

賃貸OKのスマートロックどれ?

賃貸でも後付けOK!取り外しも簡単。

ひとり暮らしでも活躍するスマートロックのおすすめと、決定的な違いを比較していきます。

違い比較をするスマートロック
スポンサーリンク

スマートロックのメリット・デメリット

まずスマートロックのメリット・デメリットを理解しておきましょう。

スマートロック【メリット】
  • ①オートロック閉め忘れ防止
  • ②外出先から遠隔操作できる
  • ③一時的に鍵をシェア可能
  • ④解錠記録が残る
  • ⑤ハンズフリーでカギを探す必要なし
  • ⑥セキュリティー強化
スマートロック【デメリット】
  • ①解錠まで待つ
  • ②価格が高い
  • ③電池の定期交換が必要
  • ④スマホ充電切れで使えない
  • ⑤締め出しの可能性がある

関連記事 【実際どう?】スマートロックのデメリット・メリット

賃貸OK!おすすめスマートロック比較【後付けタイプ】

賃貸OK!おすすめスマートロック比較【後付けで一人暮らしにも】

シールでワンタッチで取付・キレイに剥がせるタイプのスマートロックのおすすめを紹介していきます。

取り外し簡単
賃貸ひとり暮らしOK

厳選しました!

Qrio Lock【品質重視】

Qrio Lock【品質重視】

品質を求めるならコレ

ソニー工場生産

洗練したハード/ソフトウェア

トップクラス国内ユーザ数

スマートロックおすすめ:Qrio Lock(キュリオロック)
5

価格の安さ

9

電池持ち
(840日)

有り

物理キー

日本トップクラスのユーザー数を誇る、定番人気のスマートロックといえばQrio Lock。

ネットなしでもBluetooth経由で開け閉め可能。

物理キーでボタン1つで開閉できるから、スマホを持たない家族にも嬉しい。

これまでのソニーのハード・ソフトウェア技術の結集した、SONYの工場で生産される品質十分なスマートロック。

スマートリモコンNature Remoをハブとして連携すれば、
カギだけでなく、家電も操作可能になります。

操作の拡張性も追求したい方におすすめのスマートロック。

SESAMI(セサミ)【とにかく安い】

Sesami(セサミ)【とにかく安い】

安さを求めるならコレ

最低限の機能搭載

海外で人気

とにかく安い

スマートロックおすすめ:SESAMI(セサミ)【とにかく安い】
8

価格の安さ

7

電池持ち
(550日)

無し

物理キー

最低限の機能でとにかく安さを求めるならコレ。

「ひらけごま」を実現するために開発されたSESAMI(セサミ)。

スマートスピーカー・遠隔操作に必要なハブを合わせても1万円を切る破格。

大事な家のカギを預けるには心配になるくらい安いのは、量産され単価を下げていることが理由だそう。

スマートロックにも安さを求めるにはおすすめのスマートロックです。

SADIOT LOCK【セキュリティ重視】

SADIOT LOCK【セキュリティ重視】

セキュリティ重視ならコレ

カギ老舗メーカー開発

セキュリティ重視

高いコスパ

スマートロックおすすめ:SADIOT LOCK【セキュリティ重視】
7

価格の安さ

6

電池持ち
(360日)

有り

物理キー

老舗カギメーカーが開発したスマートロック。

あなたも一度は使用しているかもしれない、ホテルのカギも手掛けています。

何と言ってもセキュリティ重視

SADIOT LOCK本体、Hub,Key全てにハッキング対策セキュリティチップ搭載

セキュリティには安心感が欲しいという方に

現在発売されているスマートロックで最多の8色展開!ドアに合う色が見つかるはずです。

コスパも良いおすすめのスマートロックです。

SwitchBotスマートロック【高い拡張性】

SwitchBotスマートロック【高い拡張性】

高い拡張性ならコレ

SwitchBot製品と連携

多様な解錠方法

高いコスパ

スマートロックおすすめ:SwitchBotスマートロック【高い拡張性】
8

価格の安さ

5

電池持ち
(180日)

有り

物理キー
(NFCタグ)

指ロボットなど数多くのスマート製品をを展開するSwitchBotのスマートロック。

最大の特徴は高い拡張性と解錠方法

各種SwitchBot製品と連携でき、NFCタグやキーパッドでのパスコード解錠など多彩な解錠方法がある。

価格も一万円を切る破格

家中を「SwitchBot製品で統一したい」という方にお勧めです。

bitlock MINI【サブスク】

bitlock MINI【サブスク】

サブスクならコレ

初期費用が安い

月額は約550円

手厚いサポート

スマートロックおすすめ:bitlock MINI【サブスク】
9

価格の安さ

8

電池持ち
(500日)

有り

物理キー

一般向けスマートロックで珍しいサブスクタイプで、初期費用を安くスマートロックを体験。

サブスクならではのサポートも手厚く、電池交換・故障時の交換も無償してもらえるのが特徴。

解錠機能も申し分ない、スマートロックを手軽に使いたい方におすすめです。

スマートロック【迷ったら違い比較】

正直、迷ってしまうので決定的な違いを比較していきます!

製品名 QrioLock セサミ 4 SADIOT LOCK SwitchBotスマートロック bitlock MINI
外観
寸法H✕W✕D(mm) 約115.5✕57✕77 約92.7✕57✕54.5 約123.6✕61✕66.7 約111.6✕59✕73.2 約109.7×53.5×56
重さ 約207g 約220g 約168g 約253g 約196g
電池持ち 最大840日 最大550日 最大360日 最大180日 最大500日
オートロック
スマホアプリ解錠
iOS・Android
スマホノック解錠(iOS)
手ぶら解錠
パスコード解錠 ◎(別売) ◎(別売) ◎(別売)
Amazon Echo
(アレクサ)
Google Home
(Google アシスタント)
外部連携
(IFTTT)
遠隔解錠(アプリ) ◎(別売) ◎(別売) ◎(別売) ◎(別売) ◎(別売)
物理キー ◎(別売)
NFCタグ
◎(別売) ◎(別売) ◎(別売)
対応カギの種類
価格 25,300円 7,980円 13,200円 9,980円 5,980円(年間)

最後に、まとめと迷ったときの選択基準を紹介。

賃貸OK!スマートロックおすすめ違い比較【まとめ】

賃貸でもワンタッチで後付け、取り外しも簡単なスマートロックのおすすめを紹介しました。

いくつか種類があり「どれがいい?」と迷ってしまいます..

迷ったら、「品質・価格・セキュリティ」何を重視するかで選びましょう。

「カギが見つからない…」というストレスはもう感じません。

快適生活のカギ、スマートロックで開けてみては。

関連記事 【自宅スマートホーム化】家電・照明の音声操作に必要なもの

サブスクで安く始めるならコレ!
よくある質問

工事不要で後付けできる、貼って剥がせるスマートロックであれば賃貸でも使えて退去時も安心です
賃貸OKのおすすめをみる

オートロックや閉め忘れ防止に加え、ハッキング防止&暗号化などで高セキュリティです

半年~2年です。アプリで通知が来るので突然切れる心配はないです

コメント

タイトルとURLをコピーしました