【最大ポイント2.5%】Amazon現金チャージがお得!

ロボット掃除機おすすめ比較【人気メーカーと選び方】

最新!ロボット掃除機のおすすめ人気メーカーと選び方【違い比較】 ガジェット

ロボット掃除機
どれがいいかわからない…

「毎日の掃除をロボット掃除機に任せたい」けど

種類が多すぎてどれがいいか分からないですよね…

スマートマスター資格を持つ私が、

人気のロボット掃除機の違いを比較して、失敗しない選び方を紹介します。

スポンサーリンク

買う前に!ロボット掃除機【選び方の注意点】

ロボット掃除機を買う前に知っておきたい注意点をまとめました。

①掃除のタイプはどれか(全3タイプ)

ロボット掃除機タイプ3つ
  • 吸引タイプ
  • 水拭きタイプ
  • ハイブリッドタイプ

吸引タイプ

ロボット掃除機:吸引タイプ

ロボット掃除機と聞いて最初に想像するのが「吸引タイプ」ですよね。

ロボットが自動で部屋中を動きながら、ごみを吸引して清掃してくれます。

種類によって大きく変化する点ではないです。

ハイブリッドタイプ(吸引+水拭き)

ロボット掃除機:ハイブリッドタイプ(吸引+拭き取り)

吸引と拭き取り、両方を足し合わせたのがハイブリッドタイプ。

吸引と拭き取り両方使えばあらゆる汚れが取れ、掃除の手間が一気に省けます。

散らばったお菓子のカス、こぼしてしまった醤油だってサッと自動掃除

掃除の時間が、ひと休みできる自由時間に

②機体の高さ(家具下も掃除できるか確認)

ロボット掃除機:高さ/家具下掃除

機種によって高さが大きい物から小さい物までさまざま。

「ソファーやベッドの下が掃除できなかった…」

という失敗をしないために、ロボット掃除機の高さを確認しておきましょう。

③お手入れのしやすさ(毎日の負担軽減)

ロボット掃除機:お手入れのしやすさ・メンテナンス性

ロボット掃除機で普段の掃除の手間を大きくなくすことが出来ますが。

お手入れは必要。

お手入れのしやすさに注目すると、より負担なくロボット掃除機を活用することが出来ます。

④清掃時間(掃除の範囲が決まる)

ロボット掃除機:清掃・稼働時間

いくら賢くても掃除できなければ意味がありません。

バッテリーの稼働時間を見て、あなたに合った掃除能力を確認しておきましょう。

1DKで約20分とみておくと選びやすいです(一人暮らしの方も要チェック)。

⑤動作音(静かにしてほしい人は要チェック)

ロボット掃除機:動作音

ロボット掃除機ならではの問題が動作音です。

吸引力や価格に目が行きがちですが、動作音は実際に使用すると気になるもの。

動作音がどのくらいなのかも確認しておきましょう。

おすすめロボット掃除機5つ【メーカー別比較】

メーカーブランド別にロボット掃除機の特徴比較を、まとめました。

メーカーロボット掃除機の特徴
iRobot
(アイロボット)
センサーを使った検知など、かなり賢い
Dyson
(ダイソン)
パワフルな吸引力で細かい埃も吸引
Anker
(アンカー)
動作音が静かで気にならない
ECOVACS
(エコバックス)
水拭きができ、こぼし汚れにも対応
ILIFE
(アイライフ)
機能しっかりなのに、とにかく価格が安い

①iRobot(アイロボット)

ロボット掃除機おすすめ人気メーカー比較:iRobot(アイロボット)

アイロボット社は「ルンバ」を手掛けています。

ロボット掃除機といえば「ルンバ」というイメージの方も多いはず。

ルンバを作り続けてきた技術力はホンモノ

段差や障害を検知するセンサーを使ったロボットの賢さに優れています。

関連記事 【どれがいい?】最新!ルンバ全機種のココが違い【比較レビュー】

②dyson(ダイソン)

ロボット掃除機おすすめ人気メーカー比較:dyson(ダイソン)

吸引力の変わらない掃除機で有名なダイソン。

その吸引力はロボット掃除機にも活かされています。

他のロボット掃除機とは別格のパワフルな吸引力を使って、自動で掃除をしてくれるのは嬉しいですね。

③Anker(アンカー)

ロボット掃除機おすすめ人気メーカー比較:Anker(アンカー)
ロボット掃除機おすすめ人気けーかー比較

バッテリーや充電器で有名なアンカー。

ロボット掃除機「Eufy Robovacs」シリーズを数多く展開しています。

アンカーのロボット掃除機の特徴は「動作音の静かさ」。

「ロボット掃除機は静かなものがいい」

と考えている方にはおすすめです。

関連記事 最新!Ankerロボット掃除機Eufy RoboVacの違い比較【おすすめの選び方】

④ECOVACS(エコバックス)

ロボット掃除機おすすめ人気メーカー比較:ECOVACS(エコバックス)
ロボット掃除機おすすめ人気けーかー比較

エコバックスのロボット掃除機は「水拭きができる」。

こぼし汚れなど吸引掃除だけでは取れない汚れも、水拭きできれいに掃除。

水拭きでキレイに仕上げてほしい方におすすめです。

⑤ILIFE(アイライフ)

ロボット掃除機おすすめ人気メーカー比較:ILIFE(アイライフ)

アイライフのロボット掃除機は価格が安い

10万円を超えるロボット掃除機も多いなか、2万円台で破格の機種も展開

ペットの毛まで吸引してくれるタイプもありは倍拾いニーズに対応。

【価格・機能別】おすすめ人気ロボット掃除機12選

目的別におすすめできる、定番人気のロボット掃除機を全12選を紹介。

ロボット掃除機おすすめ|水拭きできる!

吸引+水拭きのハイブリッドタイプでおすすめモデルを紹介していきます。

ECOVACS(エコバックス):DEEBOT OZMO 901

DEEBOT OZMO 901
ECOVACS(エコバックス):DEEBOT OZMO 901

掃除タイプハイブリッド
(吸引+水拭き)
機体の高さ10.2cm
手入れ
掃除時間最大90分
※目安:20分/1DK
動作音52dB
※70dB超で気になり始める
おすすめポイント
  • 動作音が小さく音が気になりにくい
  • 細菌除去率99%の吸引能力を持つ
  • 水拭きと吸引を同時に行うモップシステム搭載
  • Alexa/Google Homeによる音声操作対応
  • 制限区域をバーチャルで設定可能

ILIFE(アイライフ): V5s Pro

ILIFE V5s Pro
ILIFE(アイライフ): V5s Pro

掃除タイプハイブリッド
(吸引+水拭き)
機体の高さ8.1cm
手入れ
掃除時間最大120分
※目安:20分/1DK
動作音65dB
※70dB超で気になり始める
おすすめポイント
  • 掃除時間120分で広い範囲を掃除可能
  • 8.1cmの低い高さで家具下スイスイ
  • 水拭きと吸引を同時に可能
  • モップ給水は最適量を計算
  • 静音設計でフローリングで車輪音なし

Anker(アンカー): Eufy RoboVac G10 Hybrid

Eufy RoboVac G10 Hybrid
Anker(アンカー): Eufy RoboVac G10 Hybrid

掃除タイプハイブリッド
(吸引+水拭き)
機体の高さ7.2cm
手入れ
掃除時間最大80分
※目安:20分/1DK
動作音55dB
※70dB超で気になり始める
おすすめポイント
  • 7.2cmの薄型設計で家具下スイスイ
  • スリムでも2000Paパワフル吸引力
  • 水拭きと吸引を同時に可能
  • 独自ナビ搭載で短時間で掃除
  • 水洗い可能フィルターでお手入れ簡単

ロボット掃除機おすすめ|薄型で家具下も!

「どこでもスイスイ掃除してほしい」

そんな願いを叶えるロボット掃除機たちを厳選しました。

ECOVACS(エコバックス):DEEBOT OZMO Slim11

DEEBOT OZMO Slim11
ECOVACS(エコバックス):DEEBOT OZMO Slim11

掃除タイプハイブリッド
(吸引+水拭き)
機体の高さ5.7cm
手入れ
掃除時間最大80分
※目安:20分/1DK
動作音55dB
※70dB超で気になり始める
おすすめポイント
  • 5.7cmの超薄型設計で家具下スイスイ
  • 細菌除去率99%の吸引能力を持つ
  • 水拭きと吸引を同時に可能
  • 独自ナビ搭載で短時間で掃除
  • Alexa/Google Homeによる音声操作対応

Anker(アンカー):Eufy RoboVac 15C

Eufy RoboVac 15C
Anker(アンカー):Eufy RoboVac 15C

掃除タイプ吸引
機体の高さ7.2cm
手入れ
掃除時間最大100分
※目安:20分/1DK
動作音55dB
※70dB超で気になり始める
おすすめポイント
  • 7.2cmの薄型設計で家具下スイスイ
  • 薄型でも掃除時間100分
  • 床環境変化に1.5秒で最適吸引力(BoostIQ)
  • 大容量ダスト容器で捨てずに長時間稼働
  • アプリからスケジュール設定も簡単

関連記事 最新!Ankerロボット掃除機Eufy RoboVacの違い比較【おすすめの選び方】

ILIFE(アイライフ):A6

ILIFE A6
ILIFE(アイライフ):A6

掃除タイプ吸引
機体の高さ7.6cm
手入れ
掃除時間最大160分
※目安:20分/1DK
動作音65dB
※70dB超で気になり始める
おすすめポイント
  • 7.6cmの薄型設計で家具下スイスイ
  • 薄型でも掃除時間160分
  • 付属リモコンでらくらく操作
  • かきだす/かきこむ/吸い取るの徹底清掃
  • バーチャルウォールで制限エリア設定可能

ロボット掃除機おすすめ|3万円以下で安い!

安くてコスパ最強なのに、しっかり役立つロボット掃除機たちを紹介します。

Anker(アンカー):Eufy RoboVac 15C Max

Eufy RoboVac 15C Max
Anker(アンカー):Eufy RoboVac 15C Max

掃除タイプ吸引
機体の高さ7.2cm
手入れ
掃除時間最大100分
※目安:20分/1DK
動作音55dB
※70dB超で気になり始める
おすすめポイント
  • 7.2cmの薄型設計で家具下スイスイ
  • 床環境変化に1.5秒で最適吸引力(BoostIQ)
  • 2000Paのパワフル吸引
  • 55dBの静音設計
  • アプリからスケジュール設定も簡単

関連記事 最新!Ankerロボット掃除機Eufy RoboVacの違い比較【おすすめの選び方】

ILIFE(アイライフ): V3s Pro

ILIFE V3s Pro
ILIFE(アイライフ): V3s Pro

掃除タイプ吸引
機体の高さ8.1cm
手入れ
掃除時間最大100分
※目安:20分/1DK
動作音55dB
※70dB超で気になり始める
おすすめポイント
  • 7.2cmの薄型設計で家具下スイスイ
  • 付属リモコンでらくらく操作(初心者にも)
  • ブラシレス吸引口でペットの毛OK
  • 55dBの静音設計

ECOVACS(エコバックス): DEEBOT 501

ECOVACS DEEBOT 501
ECOVACS(エコバックス): DEEBOT 501

掃除タイプ吸引
機体の高さ7.8cm
手入れ
掃除時間最大110分
※目安:20分/1DK
動作音66dB
※70dB超で気になり始める
おすすめポイント
  • Alexa/Google Homeによる音声操作対応
  • ほこり/花粉も高性能フィルタできれいな排気
  • かきだす/かきこむ/吸い取るの徹底清掃
  • フローリング/カーペット両方OK

ロボット掃除機おすすめ|7万円以上で高機能!

価格帯にゆとりがあるなら高機能で間違いなし。

「この機能ほしかった」という後悔がなくなります

Anker(アンカー):Eufy RoboVac L70 Hybrid

Eufy RoboVac L70 Hybrid
Anker(アンカー):Eufy RoboVac L70 Hybrid

掃除タイプハイブリッド
(吸引+水拭き)
機体の高さ10.5cm
手入れ
掃除時間最大150分
※目安:20分/1DK
動作音57dB
※70dB超で気になり始める
おすすめポイント
  • 2200Paのパワフル吸引力
  • 水拭きと吸引を同時に可能
  • 最適ナビで効率的に掃除
  • 最大150分で広範囲掃除

関連記事 最新!Ankerロボット掃除機Eufy RoboVacの違い比較【おすすめの選び方】

dyson(ダイソン): 360 Heurist

dyson 360 Heurist
dyson(ダイソン): 360 Heurist

掃除タイプ吸引
機体の高さ12.0cm
手入れ
掃除時間最大75分
※目安:20分/1DK
動作音75dB
※70dB超で気になり始める
おすすめポイント
  • サイクロン掃除機で微細ホコリまで吸引(特許技術)
  • スマホアプリから楽々操作
  • ボタンワンタッチで掃除開始
  • ベルト駆動車輪で走破性抜群
  • 小さい機体周径で狭い所もスイスイ(幅23cm )

iRobot(アイロボット):ルンバs9+

ルンバs9+
iRobot(アイロボット):ルンバs9+

掃除タイプ吸引
機体の高さ8.9cm
手入れ
掃除時間最大120分
※目安:20分/1DK
動作音約70dB
※70dB超で気になり始める
おすすめポイント
  • Alexa/Google Homeによる音声操作対応
  • クリーンベースで30杯分ゴミ収納
  • アプリで外出先からお掃除ON
  • ダスト容器水洗いでお手入れ簡単
  • 最大120分で広範囲掃除

関連記事 【どれがいい?】最新!ルンバ全機種のココが違い【比較レビュー】

ロボット掃除機のおすすめ人気と選び方【まとめ】

ロボット掃除機のおすすめ比較!人気メーカーと選び方【まとめ】

5つの人気定番メーカーの2021年最新ロボット掃除機を紹介してきました。

選び方の注意点を参考にして、あなたのライフスタイルに合ったロボット掃除機を選んでみてください。

「疲れた、時間がないけど掃除しないと…」

と思ったとき、

ロボット掃除機を活用して

毎日の家事時間を自由時間にしてみては。

関連記事【自宅スマートホーム化】家電・照明の音声操作に必要なもの

コメント

タイトルとURLをコピーしました