リモートワークに!おすすめワイヤレスイヤホンマイク【普段使いOK】

テクノロジー

リモートワークだけでなく、

普段使えるイヤホンマイクが欲しい

という方に、おすすめのイヤホンマイクを紹介していきます。

最近、オンライン作業やWe会議をしなければならない機会が増えてきました。

しかし、近くの車の音など、会話やWeb会議を邪魔する雑音は意外と多いです。

リモートワークで活躍する、普段使いOKのノイズ対策付のワイヤレスイヤホンマイクを紹介していきます。

リモートワークにおすすめワイヤレスイヤホン3選!【ノイズ対策付】

リモートワークにおすすめワイヤレスイヤホン3選!【ノイズ対策付】

Apple AirPods Pro【付け心地最強】

Apple AirPods Pro

装着感を求めるならコレ

着けているのを忘れる装着感

小さいながらも機能充実

音質はやや不満

Apple AirPods Pro【付け心地最強】
6

価格

7

音質

7

ノイズ対策

8

充電持ち
(最大24h)

Apple製品を利用している人の多くが利用しているAirPods Pro。

音質が期待を上回る可能性は低いですが、ノイズキャンセリング性能はSONY WF-1000XM3にも劣りません。

リモート会議でも雑音を消して、クリアな会話を実現してくれます。

小さいながらもマイクも利用でき、ノイズキャンセリングしつつ声を確実に拾ってくれます。

その最大の特徴は、圧倒的なコンパクト軽量

AirPodsで「うどん」と批判もあった本体は、コンパクトな設計で耳に違和感がなくなりました。

更に、着けていることを忘れてしまうほど軽いです。

普段イヤホンを耳に着けっぱなしで日常的に使う、Appleユーザーにはおすすめです。

SONY WF-1000XM3【音質最強】

SONY WF-1000XM3

音質を求めるならコレ

高音質で音楽を楽しめる

カチッとノイズキャンセル

防水性がない

SONY WF-1000XM3【音質最強】
7

価格

10

音質

9

ノイズ対策

8

充電持ち
(最大24h)

史上最強とされる高音質とノイズキャンセリング性能を備えたワイヤレスイヤホン。

ノイズキャンセリングは、「カチッと」周囲のノイズをキャンセルしてくれます。

会議で周りの音声が入らないだけでなく、仕事にも集中できる環境がイヤホンで実現できます。

また、マイク性能も良く、クリアな声で会話を楽しめます。

「普段使いで、音質にもこだわりたい

という方にイチオシのワイヤレスイヤホンです。

関連記事 【SONY WF-1000XM3レビュー】最高の音質とノイキャンを使った正直な感想

Anker Soundcore Liberty Air 2【コスパ最強】

Anker Soundcore Liberty Air 2

コスパを求めるならコレ

とにかく安い

コンパクト設計

ノイズリダクション機能付

Anker Soundcore Liberty Air 2【コスパ最強】
9

価格

8

音質

8

ノイズ対策

9

充電持ち
(最大28h)

「AirPodsやSONYは知ってるけど、これは知らなかった…」

という方も多いかもしれません。

モバイルバッテリーなどで有名なAnkerですが、実はオーディオ製品も多く出しています。

コンパクト設計で、ケースはAirPodsProと同程度の大きさです。

防水性にも優れ、バッテリーに強いAnkerだけあって、最大28時間使用可能。

また、期待を上回る音質で重低音までしっかり聞きごたえがあります。

通話でのノイズリダクション機能が付いているのに1万円を切る破格設定です。

普段使いもWeb会議にも使えて、コスパを求めているなら、コレ一択です。

リモートWeb会議専用なら「Anker PowerConf」


SkypeやZoomなどWeb会議サービス対応の、Web会議専用スピーカーフォンです。

6方向にマイクを配置し、全方向の音を逃さずキャッチします。

また、ノイズリダクションやエコーキャンセリングなど、音声処理機能も充実しています。

バッテリー搭載で、コンセントの場所を気にせず、Web会議をすることが出来ます。

Web会議専用のスピーカーフォンを探している方におすすめの一台です。

リモートワークにおすすめ!ワイヤレスイヤホンマイク【まとめ】

周囲のノイズも気にならない、おすすめ完全ワイヤレスを紹介しました。

リモートワーク会議にも、普段使いにも使えて重宝します。

私はAndroidスマホなので、AirPods Proは活用できないので選択しませんでした。

Anker Soundcore Liberty Air 2」と「SONY WF-1000XM3」は選べず、両方使っています。

迷ったら、「コスパ・装着感・音質」何が必要かで選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました