【最大ポイント2.5%】Amazon現金チャージがお得!

【富士通 電子ペーパーレビュー】QUADERNOを6か月使った正直な感想

【富士通 電子ペーパーレビュー】QUADERNOを3か月使った正直な感想 ガジェット

電子ペーパーって
正直どうなの?

  • タブレットで論文や本を読むと目が疲れる
  • ノート派だけどノートが増えていき邪魔

こんな悩みを解決するために、

富士通電子ペーパー端末「QUADERNO(クアデルノ)」

10.3型 A5サイズ(FMV-DPP04)を購入。

6か月間、毎日持ち歩き使ってみた正直なレビュー。

「QUADERNO(クアデルノ)」は、イタリア語で「ノート」の意味。「QUANTITY(量)」と「QUALITY(質)」のあるアイデアが、 どんどんと「出る」「ノート」という想いも込めています。

https://www.fujitsu-webmart.com
スポンサーリンク

富士通 電子ペーパーQUADERNO【本体と同梱物】

富士通 電子ペーパーQUADERNOレビュー【本体と同梱物】

本体は白いシンプルなデザイン。

ペンが収納できる溝が付いているのが便利なポイント。

富士通 電子ペーパーQUADERNOレビュー【ペンが収納できる溝が便利】

左右の溝にペンを収納可能で左利きにも使いやすい設計。

薄さ5.9mmで重さは251g。たとえば、iPad Proが約466gなので約半分の重さです。

富士通 電子ペーパーQUADERNOレビュー【本体と同梱物】クアデルノ本体、専用スタイラスペン、USB-TypeBケーブル
取扱説明書


同梱物
  • クアデルノ本体
  • 専用スタイラスペン
  • USB-TypeBケーブル
  • 取扱説明書

富士通電子ペーパーQUADERNO【特徴】

富士通の電子ペーパー「QUADERNO」の特徴とできることを、実際に使った感想も含めて紹介していきます。

紙に書いている様な書き心地

富士通電子ペーパーQUADERNOレビュー【紙の様な書き心地】

富士通電子ペーパーQUADERNOの最大の特徴が書き心地。

大げさに聞こえるかもしれませんが、本当にペンで書いているような書き心地

静電容量方式の専用スタイラスペンの適度なペン先の摩擦が、もはや紙です。

ただ、書き心地実現のためにペン先が削れる構造になっているのがデメリット。

とはいえ、メモ程度での使用なら全然減らず、替え芯も付属しているので問題ナシです。

消しゴムとマーカーはペンから呼び出し

富士通 電子ペーパーQUADERNOレビュー【消しゴムとマーカーはペンから呼び出し】

他の電子ペーパー端末だと消しゴムやマーカーは、イチイチ画面上で選択して切り替える必要がある。

一方でQUADERNOの場合、ペンに「消しゴム」「マーカー」ボタンがあり押せばすぐに使える

素早く書きたい/消したいに重宝する設計がされていて使いやすいです。

充電持ちは、驚異の3週間!

富士通 電子ペーパーQUADERNOレビュー【充電持ち驚異の3週間】

電子ペーパーはiPadなどのタブレット違い、画面から常に光を出しません。

電子ペーパーでは画面が切り替わるタイミングのみ電気が使われるので、かなり省エネ。

その結果、5.5時間フル充電で最長3週間、充電要らずです。

気づいたら充電する程度で使えています。

スマホ、PCと秒で共有

Wi-Fi/Bluetooth/NFC対応で専用のアプリを使ってPC・スマホと簡単にファイルを共有可能。

また、スマホはNFCでワンタッチ接続&共有が可能。

  1. スマホで文章を探す
  2. ワンタッチ同期でファイル転送
  3. 目に優しい電子ペーパーで読む

この流れがスムーズに行えるのがかなり便利です。

論文や雑誌、授業の資料などPDFなら何でも読めて目に優しい

PDFファイルにメモを書き込める

PDFのスライド資料などをスマホやPCから共有しておけば、

PDF上にそのままメモを書いていくことができます。

「紙に印刷⇒メモを書く⇒共有」

という流れではなく

「メモを書く⇒共有」

という流れで行えるので、印刷代の節約、エコにも貢献できます。

かんたんフォルダ管理

富士通 電子ペーパーQUADERNOレビュー【かんたんフォルダ管理】

文章がばらばらに保存されるのではく、ファイルを作成すればファイル名で管理が可能。

授業の講義名や会議の日付で管理。勉強にも仕事にも便利です。

「メモしたけど、どれだっけ?」とならず

分かりやすい管理で、サクッと見返せるようにすることが簡単です。

ノートの種類が豊富

ノートの種類は全16種類。

大学ノートはもちろん、ToDoリストやカレンダースケジュール手帳、ドットや方眼用紙など。

便利なノートのテンプレートが用意されています。

PDFであれば自分で新たなノート形式を用意して書くことも可能。

お気に入りのスケジュール構成を作って使ってみるのもありです。

「青」「赤」の2色を使える(表示は赤がグレー)

富士通 電子ペーパーQUADERNOレビュー【「青」「赤」の2色を使える(表示は赤が若干うすい)】

QUADERNOのペンの色は「赤」「青」の2色です。

電子ペーパーなのでカラー表示ではないですが、

青色は黒っぽい色。赤色はグレーぽい色で表示されます。

富士通 電子ペーパーQUADERNOレビュー【「青」「赤」の2色を使える(PC表示)

スマホやPCで見ればしっかり青色・赤色で表示されます。

文字の太さも変更でき、5段階で文字の太さを調整可能です。

見開きで2つのドキュメントを同時に見れる

2つのドキュメントを見開きで同時に見れる機能を搭載。

資料を片方に表示しながら、もう片方でメモを取ることができる。

もちろん、両方のドキュメントに書き込み可能です。

電子ペーパー端末「QUADERNO」購入時の迷い

電子ペーパー端末「QUADERNO」購入時に迷いがありました。

選択の参考になればと思い、比較した物を紹介します。

SONYか富士通どっち?【違い比較】

結論、どちらでもよい。

ただ、ソフトウェアが各社独自な点が違い。

ソフトウェアの更新頻度や使い心地は変わってきます。

使用した感想、富士通のソフトウェアは理解しやすく快適に使えています。

電子ペーパーのハードウェアは、ほぼ同じです。

そのため、書き心地やメモリ容量などは同じスペックになっています。

どちらを選ぶかは完全に好みの問題です。

私は富士通を選択し、使用感に満足しています。

サイズはA5orA4?

「QUADERENO」はA4サイズA5サイズの2種類を展開。

「大きい方が見やすいし書きやすいだろう」

と思っていました。

しかし、A4サイズでは大きくて持ち運びしづらいと思い、A5サイズを選択。

A5サイズは一般的なノートのサイズと同じなので、かばんに入れやすい。

また、A4サイズ350gに比べ、A5サイズは251gで軽いです。

片手で文章を読み書きがしやすいです。

とはいえ、長時間持つと疲れてくるので、A4サイズなら数分で持ち疲れるだろうと感じます。

迷ったらA5サイズがおすすめです。

富士通の電子ペーパー「QUADERNO」【使い方はあなた次第】

富士通の電子ペーパーレビュー「QUADERNO」【使い方はあなた次第】

最大10万冊の本を持ち運べる富士通の電子ペーパー端末「QUADERNO」をレビューしてきました。

  • PDFを眼疲労気にせず見れる
  • 授業のノートはコレ1つ
  • メモはPDF化してすぐに共有
  • スケジュール手帳として使える

など、使い方は様々。

iPadと違い、読み書き特化です。

「ついついアプリで時間を浪費…」も避けられます。

ペーパーレスで環境にも目にも優しい、富士通の電子ペーパー端末「QUADERNO」。

紙のようなクセになる書き心地。いちど試してみては。

コメント

タイトルとURLをコピーしました