【最大ポイント2.5%】Amazon現金チャージがお得!

快適テレワークに!スタンディングデスク&チェア【コレがおすすめ】

快適テレワークに!スタンディングデスク&チェア【コレがおすすめ】 ガジェット

快適テレワーク環境作りたい

テレワークで自宅のデスクに向かうのが長時間に。

以前は「デスク周りなんて適当でいいや」と思っていましたが、

環境の質を高めると、作業の質も上がるというのを実感しました。

私が迷いまくって決めた、作業のモチベーションが上がるオフィスデスク&チェアを紹介します。

おすすめデスク&チェア

モニター&モニターアームも最後に紹介したいと思います。

スポンサーリンク

FLEXISPOT EJ2+天板【自動昇降スタンディングデスク】

座りっぱなしだと

血行が悪くなり病気の原因にも

集中したいタスクは、スタンディングデスクで短期集中

ただ、長時間作業になるものは座って作業したい。

と思い、自動昇降デスクを導入。

結論、かなり作業効率が上がりました。

ガスで昇降デスクと電動昇降デスクの違い

ガス昇降はボンベにたまったガスを調節することで昇降します。

ただ、モニターなどを載せるとガスパワーの限界がきて自動で上がらなくなるというレビューが多いです。デスクの昇降を確実に行うなら電動昇降一択です。

自動昇降スタンディングデスクといえば「FLEXISPOT」

自動昇降スタンディングデスクといえば「FLEXISPOT」

自動電動昇降デスクを検索すると、日本語ページではそれほど見られない。

しかし、英語で検索してみると想像以上に「FLEXISPOT」使用・高評価レビューが多い印象です。

またFLEXISPOT以外のメーカーの自動昇降デスクのレビューを見ると、

  • 記載されている荷重以下で自動昇降できなくなった
  • ボタンが一発で効かない

など購入して後悔している声が多かったです。

一方で、FLEXISPOTは「しっかりと動作し満足している」というレビューが多い。

自動昇降スタンディングデスクといえば「FLEXISPOT」というような存在

FLEXISPOTはメモリ機能ありを選ぶべき

FLEXISPOTはメモリ機能ありを選ぶべき

Flexispotの自動昇降デスクは「EG1」というエントリーモデルが最安。

「とりあえずデスクが自動で上下すればいい」と思う方も多いでしょう。

しかし、「いざ作業!」という時、

ボタンを上下に何回も押して高さを調整するのはストレスです。

いざ作業!→スーッと上昇→ピタッと最適位置で止まる

これは、ストレスフリーでやる気も上がります。

FLEXISPOT EJ2+天板【コスパ最強】

FLEXISPOTスタンディングデスクにも様々な種類があります。

全機種を比較して、結論「EJ2+天板」という選択

最大100kg荷重・メモリ機能付

モニターやPC、天板を載せると50kgをすぐに超えてしまいます。

その他にも載せることを考えれば耐荷重100kgは欲しいところ。

  • 最大100kg荷重
  • メモリ機能付

この条件を満足してくれる最安のFLEXISPOTのスタンディングデスクが「EJ2」。

乗って動かしても大丈夫でしたw

始めは「EG1安くていいじゃん!」と思いましたが、よく見るとメモリ機能がない。

耐荷重125kgになると上位モデルで+2万円程。

今回選んだのは、間を取ったコスパ最強モデルだと感じてます。

自動電動昇降デスクを考えている人に、ぜひおすすめしたいスタンディングデスクです。

Herman Miller (ハーマンミラー) 【セイルチェア】

Herman Miller (ハーマンミラー) 【セイルチェア】

長時間集中のために使うオフィスチェア、かなり悩んでハーマンミラー「セイルチェア」を選択。

「椅子なんてAmazonで評価高めを買っておけばいい」

と思っていました。

しかし、コワーキングスペースで座った

Herman Miller(ハーマンミラー)のセイルチェアで考えは一掃。

長時間、集中できて何より全然腰も痛くならない」を実感しました。

長期的に使うならハーマンミラー(セイルチェア)

椅子は体に直接触れるもの。肩こりや腰痛にも直結します。

また、短いスパンで捨ててしまうものではなく、長期的に使うもの。

何年も集中力と体をサポートするものなので、ここでケチらず自己投資。

とはいえ、まぁまぁ良くて安価がいいって方はGtracingがおすすめです。

コワーキングスペースに通うような人が見れば、「お、ハーマンミラーか」となるレベルの代物。

インテリアとしてもオシャレで邪魔しない。保証期間は驚異の12年。

ずっと使う相棒に、ハーマンミラーという選択を考えてみてはいかがでしょうか。

【妥協禁止】在宅ワークのデスク&チェア

ずっと使う相棒、

少しは背伸びもアリ

在宅ワークで作業の質を高めるために、長い目で見るのが選択のポイント

中途半端にケチって「これにすればよかった」と思ってもすぐに取り換えるのは難しい。

また、テレワークだとモチベーションも下がりやすい人も多いです。

ちょっと手を伸ばして、作業のモチベーションが上がるデスクとチェアを選んでみては

おすすめのモニター&アーム

デスクで使用しているモニターとアームも紹介します。

こちらも評価が高く、売り切れていることも多い商品。

デスクマットはコルクタイプで両面使用可能。気分で変えられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました