【自宅スマートホーム化】家電・電気の音声操作に必要なもの

電気工事や業者いらずで自宅をスマートホーム化するのに必要なものや費用、おすすめの構成を紹介。スマートスピーカー(アレクサ/グーグルホーム)やスマートリモコンを使って家電や電気(照明)を音声操作し快適な生活にする実例もまとめたブログ。スマートホーム

スマートホーム化便利そうだけど、

必要なものとかイマイチわからない…

といった疑問を解消していきます。

結論、必要なデバイスを揃えるだけで、簡単に自宅をスマート化できます。

スマートホームとは何か、その実現に必要なデバイスも具体的に紹介していきます。

スマートホームとは

スマートホームとは、「IoT化した家電・電気(照明)などを、AI技術も駆使してスマホや音声、センサーやGPS等で自動操作し、便利で快適な生活が実現できる家やシステムそのもの」とされています。

つまり、スマートホームは、

家電・電気をネットに繋いで、便利に操作して快適生活ができる家」です。

スマートホーム化でWi-Fi経由でスマートスピーカーからスマート家電・電気(照明)を音声操作

5Gの登場などの技術革新で、家電などのモノがインターネットと結びつくIoT(もののインターネット)化が加速しています。

その追い風を受けて、スマートホーム化は今注目されています。

スマートホーム化に必要なもの

これさえ揃えれば、自宅の家電を音声操作できるスマートホームの完成です。

Wi-Fi(機器をつなぐ)

Wi-Fi(機器をつなぐ)

 Wi-Fiが自宅に導入されていることが必要です。

スマートホーム化するためのスマートデバイス同士をつなぐWi-Fiを導入しておきましょう。

スマートスピーカー(Alexa/Google home)

スマートスピーカーができること
  • 聞いた情報の検索や簡単な会話
  • アラーム/スケジュール管理、追加と読み上げ
  • 音楽ストリーミングサービスから再生
  • 天気やニュースの読み上げ
  • 聞いた情報の検索や簡単な会話
  • ネットショッピング
  • スマート家電の音声操作

スマートスピーカーの主流は2種類です。

 ・Amazon echo アレクサ
 ・Google home グーグルホーム

スマート家電や電気(照明)は「Google home 」「Amazon Echo(Alexa)」両方対応が多く、スマートホーム化に使うには機能面でも大差ないです。

>>Amazon echoシリーズはココが違い!【比較レビュー】

スマートスピーカーは様々なスマートデバイスをつなぐ役割(ハブ)をし、音声操作を実現してくれます。

しかし、最新の対応しているスマート家電でないとスマートスピーカーからの直接操作はできません。

家にある古い家電やスマート家電でないものは、別製品の「スマートリモコン」や「スマートコンセント」と組み合わせることで音声操作が実現できるようになります。

スマートリモコン/コンセント

スマートリモコン/コンセント

「家にある家電をスマート化して音声操作したい…」

という場合、「スマートリモコン」や「スマートプラグ」が大活躍します。

スマート家電ではない家電も簡単にスマート化することができます。

スマートリモコン

スマート家電ではなくても、赤外線リモコン操作ができる家電をまとめて操作できます。

リモコンがもう要らなくなります。

スマートスピーカーと組み合わせることで音声操作が可能になります。

今までリモコンで操作のエアコンも
「アレクサ、エアコンつけて!」と声をかけるだけで操作できます。

スマートリモコンは数多く登場していますが、「Nature Remo」がおすすめです。

スマートプラグ(スマートコンセント)

「家にある家電。リモコンもついていない…」

という場合はスマートコンセントでスマート化でき、今すぐ家の家電でスマートホーム化したい方には欠かせないです。

スマートスピーカーと併用で「ON⇔OFF」を音声で切り替えることができます。

加湿器/アロマコーヒーメーカーなど電源をつなげば起動するタイプの家電をスマート化できます。

「TP-Linkスマートプラグ」がおすすめです。

本体にスイッチもついているので直接押してON/OFFすることもできます。

スマート家電・電気(照明)

スマートリモコン/コンセントなしで、そのままスマート家電・電気(照明)として使えるものを紹介していきます。

LEDライト/シーリングライト

スマートライトは家の中からはもちろん外出先からもON/OFFを操作できます。
消し忘れの解消、人がいるように見せる」などの使い方もできます。
ランプタイプとシーリングタイプが登場しています。

ランプタイプのおすすめは「TP-Link Kasa スマート LED ランプ

シーリングタイプのおすすめは「アイリスオーヤマ LEDシーリングライト 」です。

スマートドアロック(鍵)

カギロックもスマート化することができます。

鍵の閉め忘れを解消、カギを持ち歩く必要もない」という便利な特徴があります。

スマートロック製品は周囲も増えてきていますが、「Qrio Lock」がおすすめ。

ソニーのグループ会社によりソニーの工場で生産されていて安心な国産製品です。

お掃除ロボット

お掃除ロボットとして有名なのは「ルンバ」ですね。

進化を続けていて、自動充電はもちろん、ダストボックス水洗い、絨毯(じゅうたん)掃除までできるようになっています。

スマートカーテン/ブラインド

「朝アラームで起きるのが苦手…」という方にお勧めなのがスマートカーテンです。

日光は体内時計を調整するので、自動でカーテンを開閉して新しい目覚ましとして注目されています。

めざましカーテン mornin’ plus」がおすすめです。

目覚まし時計の様にタイマーをセットすることもできますが、スマートスピーカーと連携で音声操作もできます。

スマート電動ブラインドも登場しています。

ネットワークカメラ(見守り)

ペットやお子さんを見守りたいときに便利なのがネットワークカメラです。

TP-Link ネットワークWi-Fiカメラ Tapo C200」がおすすめです。

プライバシーを守るために物理的にレンズを閉じる、スマホで映像を見ながら音声会話することもできます。

スマートホーム化サービス(MANOMA)

スマートホーム化に必要なものや構築をまとめて行っている今注目のサービスがあります。

ソニーの「MANOMA」です。

Amazon Alexaが搭載のAIホームゲートウェイで、家電操作を始め様々な機能を利用して、快適で便利な生活を体験できます。

サービスのスマートデバイス
  • 室内コミュニケーションカメラ
  • Qrio Smart(スマートタグ)
  • Qrio Lock(スマートロック)
  • 開閉センサー
  • スマート家電リモコン

設置や電話サポートなどをまとめて行ってもらえるので、スマートホーム化に必要なものを揃えるのが面倒な方にお勧めです。

  • セコム駆け付けサービス付でセキュリティ強化
  • スマートホーム化まとめて管理で、楽
  • 家事代行「家ナカサービス」連携可能

スマートホーム化に必要なWi-Fiもまとめてお得な費用で契約できたりもします。

スマートホーム化は流行中

今回紹介したデバイスは実績や人気高く使いやすい製品ばかりです。

スマートデバイスは続々新しい製品が登場していて、スマートホーム化の流れは今後加速してきます。

スマートホーム化は、意外と簡単で必要なものを集めれば構築できます。

一気にまとめて買うのではなく、少しずつスマート化したい部分から便利にしてみるのも楽しいです。

スマートホーム化で快適生活実現にお役立てになればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました