【自宅スマートホーム化】家電・照明の音声操作に必要なもの

自宅をスマートホーム化するのに必要なものや費用、おすすめの構成スマートホーム

スマートホーム化便利そうだけど、

必要なもの、何かわからない…

といった疑問を解消していきます。

「アレクサ、エアコンつけて!」

リモコンなしに、声だけで家電を操作できるスマートホーム化。実はすごい簡単。

必要なデバイスを揃えるだけで、簡単に自宅をスマート化できます。もちろん業者や工事も不要です。

スマートホームとは何か、その実現に必要なものをまとめます。

また、便利なスマートデバイス、アレクサでのスマート化の具体例も紹介。

スマートホームとは

スマートホーム化でWi-Fi経由でスマートスピーカーからスマート家電・電気(照明)を音声操作

スマートホームとは、

IoT化した家電・電気(照明)などを、AI技術も駆使してスマホや音声、センサーやGPS等で自動操作し、便利で快適な生活が実現できる家やシステムそのもの

とされています。

つまり、スマートホームは、

家電・電気をネットに繋いで、便利に操作して快適生活ができる家

5Gの登場などの技術で、家電などのモノがインターネットと結びつくIoT(もののインターネット)化が加速しています。

その追い風を受けて、スマートホーム化は今注目されています。

スマートホーム化に必要なもの

これさえ揃えれば、自宅の家電を音声操作できるスマートホームの完成です。

スマートホーム化に必要なものを詳しく見ていきます。

必要なもの①:Wi-Fi(機器をつなぐ)

Wi-Fi(機器をつなぐ)

スマートホーム化には、自宅にWi-Fiを導入することが必要です。

Wi-Fiを導入することで、スマートホーム化するのに必要なスマートデバイス同士をつなぐことが出来るようになります。

Wi-Fiが導入されていれば、あとはデバイスを揃えていくだけです。

必要なもの②:スマートスピーカー(Alexa/Google home)

必要なもの②:スマートスピーカー(Alexa/Google home)

スマートスピーカーは、音声操作に必要不可欠のデバイス。

スマートスピーカーが主にできることをまとめました。

スマートスピーカーができること
  • 聞いた情報の検索や簡単な会話
  • アラーム/スケジュール管理、追加と読み上げ
  • 音楽ストリーミングサービスから再生
  • 天気やニュースの読み上げ
  • 聞いた情報の検索や簡単な会話
  • ネットショッピング
  • スマート家電の音声操作

スマートスピーカーの主流は2種類です。

 ・Amazon echo アレクサ
 ・Google home グーグルホーム

スマート家電や電気(照明)は「Google home 」「Amazon Echo(Alexa)」両方対応が多いです。

スマートホーム化に使うには機能面でも、どっちを選んでも大差ないです。

>>Amazon echoシリーズはココが違い!【比較レビュー】

スマートスピーカーは様々なスマートデバイスをつなぐ役割(ハブ)をし、音声操作を実現してくれます。

しかし、スマートホーム対応の最新家電でないと、スマートスピーカーからの直接操作はできません。

家にある古い家電やスマート家電でないものは、別デバイスが必要です。

「スマートリモコン」や「スマートコンセント」と組み合わせることで、家にある家電も音声操作が実現できるようになります。

必要なもの③:スマートリモコン/コンセント

スマートリモコン/コンセント

「家にある家電をスマート化して音声操作したい…」

という場合、「スマートリモコン」や「スマートプラグ」が大活躍します。

スマート家電ではない家電も簡単にスマート化することができます。

スマートリモコン

スマートリモコンNature Remo

スマート家電ではなくても、赤外線リモコン操作ができる家電をまとめて操作できます。

リモコンがもう要らなくなります。

更に、スマートスピーカーと組み合わせることで音声操作が可能になります。

今までリモコンで操作していたエアコンも
「アレクサ、エアコンつけて!」と声をかけるだけで操作できます。

スマートリモコンは数多く登場していますが、「Nature Remo」がおすすめです。

スマートプラグ(スマートコンセント)

スマートプラグ(スマートコンセント)

「家にある家電。リモコンもついていない…」

という場合はスマートプラグがおすすめです。

スマートプラグはコンセントをの電源を操作でき、今すぐ家の家電でスマートホーム化したい方には欠かせないです。

スマートスピーカーと併用で「ON⇔OFF」を音声で切り替えることができます。

加湿器/アロマコーヒーメーカーなど電源をつなげば起動するタイプの家電をスマート化できます。

スマートプラグはAmazonでも人気の高い「TP-Linkスマートプラグ」がおすすめです。

本体にスイッチもついているので直接押してON/OFFすることもできます。

必要なもの④:スマート家電・電気(照明)

スマートホーム化必要なもの④:スマート家電・電気(照明)

スマートリモコン/コンセントなしで、そのままスマート家電・電気(照明)として使えるデバイスも紹介していきます。

LEDライト/シーリングライト

LEDライト/シーリングライト

スマートライトは家の中での音声操作はもちろん、外出先からも照明ON/OFFを操作できます。

「照明の消し忘れの解消、人がいるように見せる」などの使い方もできます。

スマートライトは、ランプタイプとシーリングタイプが登場しています。

ランプタイプのおすすめは「TP-Link Kasa スマート LED ランプ

シーリングタイプのおすすめは「アイリスオーヤマ LEDシーリングライト 」です。

スマートドアロック(鍵)

カギロックもスマート化することができます。

鍵の閉め忘れを解消、カギを持ち歩く必要もない」という便利な特徴があります。

スマートロック製品は周囲も増えてきていますが、「Qrio Lock」がおすすめ。

ソニーのグループ会社によりソニーの工場で生産された安心な国産製品です。

関連記事 セサミとQrio(キュリオ)ココが違い【スマートロック比較レビュー】

ロボット掃除機

ロボット掃除機として有名なのは「ルンバ」ですね。

進化を続けていて、自動充電はもちろん。ダストボックス水洗い、絨毯(じゅうたん)掃除までできるようになっています。

ルンバ以外にも沢山のロボット掃除機が登場しています。

スマートカーテン/ブラインド

「朝アラームで起きるのが苦手…」という方にお勧めなのがスマートカーテンです。

日光は体内時計を調整するので、自動でカーテンを開閉して新しい目覚ましとして注目されています。

めざましカーテン mornin’ plus」がおすすめです。

目覚まし時計の様にタイマーをセットすることもできますが、スマートスピーカーと連携で音声操作もできます。(連携にはNature Remoが必要)

スマート電動ブラインドも登場しています。

ネットワークカメラ(見守り)

ペットやお子さんを見守りたいときに便利なのがネットワークカメラです。

TP-Link ネットワークWi-Fiカメラ Tapo C200」がおすすめです。

プライバシーを守るために物理的にレンズを閉じる、スマホで映像を見ながら音声会話することもできます。

スマートホーム化サービス(MANOMA)

スマートホーム化に必要なものや構築をまとめて行っている今注目のサービスがあります。

ソニーの「MANOMA」。

Amazon Alexa搭載のAIホームゲートウェイで、家電操作を始め様々な機能を利用して、快適で便利な生活を体験できます。

サービスに含まれるスマートデバイス
  • 室内コミュニケーションカメラ
  • Qrio Smart(スマートタグ)
  • Qrio Lock(スマートロック)
  • 開閉センサー
  • スマート家電リモコン

設置や電話サポートなどをまとめて行ってもらえるので、スマートホーム化に必要なものを揃えるのが面倒な方におすすめ

MANOMAの嬉しいところ
  • セコム駆け付けサービス付でセキュリティ強化
  • スマートホーム化まとめて管理で、楽
  • 家事代行「家ナカサービス」連携可能

スマートホーム化に必要なWi-Fiもまとめてお得な費用で契約できたりもします。

スマートホーム化に必要なもの【まとめ】

スマートデバイスは続々新しい製品が登場しており、スマートホーム化の流れは今後加速します。

今回紹介したデバイスは実績や人気が高く、使いやすい製品ばかり。

スマートホーム化は、意外と簡単で必要なものを集めれば構築でき、初心者にもおすすめ。

一気にまとめて揃えず、スマート化したい部分から便利にしてみるのも楽しいです。

まずは簡単な構成から、スマートホーム化で快適生活を実現してみては。

デバイスを揃えるの、めんどくさい方

コメント

タイトルとURLをコピーしました