3Dプリンターは写真を現像できます【Lithophane】

Lithophaneテクノロジー
Lithophane

3Dプリンターで写真を透かし絵として現像できることを知っていますか?
3DプリンターのLithophaneというものを作成する、ユニークな使い方を紹介してます。

Lithophaneとは

Lithophane

Lithophaneとは、日本語で透かし彫刻磁器、簡単には「透かし絵」といった意味です。
彫刻で透かし絵を作り上げるのは手間と時間がかなりかかります。
そこで3Dプリンターを使えば、簡単に透かし絵を作ることができます。

写真を3Dプリント形式(stl)へ変換する方法

写真を3Dプリント形式(stl)に変換する方法は、

  • ダウンロードしたソフトで変換する方法
  • Web上の変換サイトで変換する方法

があります。

今回は簡単で、誰でもすぐに実行しやい Web上の変換サイトで変換する方法 を紹介します。

Lithophane生成サイト: Image to Lithophane

上記のURLからサイトへ飛ぶと次の画面になります。

imageを選択
ホーム画面

「image」を選択します。

imageファイルの選択
新倉山浅間公園

今回は、以前新倉山浅間公園で撮影した写真を使用します。

選択すると自動的にホーム画面に戻り戻ります。

画像の反映

選択した画像が反映されていることを確認します。

次に、各種の設定をしていきます。

  • model settings
「madel settings」

「Settings」の「Model Settings」を選択します。

Border(MM)

「Border」を「3」(mm)に設定します。Borderは写真に枠を付けるもので、仕上がりが綺麗になります。

  • image settings
image settings

「Settings」の「Image Settings」を選択します。

Positive image へ変更

初期状態の「Negative Image」をスライドし、「Postive Image」へ変更します。

以上の設定を終了したら上のメニューバーの「Model」を選択し、以下の画面に移動します。

下のスクロールバーにある、出力したい形状を選択し、「Reflesh」を選択。

変更内容が反映されます。

Reflesh

全て設定し終えたので「Download」で「stlファイル」をダウンロードします。

これで画像ファイルからstlファイルへの変換が完了しました。

一般に、3DCADを用いて作成したデータ形式も stlファイルです。stlファイルを3Dプリント用のgcodeファイルに変換していくには、スライサとよばれる変換ソフトが必要となります。

ソフトは何を使用しても構いません。今回用いたのは「Repetier Host」です。

Repetier Host でのプリント設定

3Dプリンターは、Ender-3を使用。

Lithophaneの綺麗な印刷ができるように設定していきます。

Repetier-Hostのダウンロードはこちらから。

まず、PCとプリンター(Ender-3)を接続します。そして3Dプリンターの電源をONにし、Repetier-Hostを接続します。先ほどWebからダウンロードしたファイルを開くと次の画面になります。

起動画面
起動画面
  1. 「プリンタ接続」をクリックし、プリンタと通信を開始
  2. 「スライサ」をクリックし、3D出力のための設定を行っていきます。
各種設定
各種設定

プリント設定は

  1. 「印刷」速度などを設定します。
  2. 設定した内容を「別名で保存」し、「lithophane」とすると次回以降再度設定する必要がなくなる。
  3. 「速度」を最も遅くし、「充填密度」を100%とする。
  4. 「CuraEngineでスライス」をクリックし3Ⅾ印刷用にデータを変換する。
印刷
印刷

Print Preview の「印刷」をクリックすれば印刷が開始される。この画面で予想時間や必要フィラメントを確認することもできる。

lithophaneをきれいにするコツ

  • 印刷速度:一番遅くする(精度を高める)
  • 充填率 :100%
  • フィラメント:不透明白色が理想

の3点を反映させれば綺麗な透かし絵を作ることができます。

実際にプリントする

使用プリンター:Ender-3

印刷後

プリントには約5時間半かかりました。プリントにかかる時間は、写真の複雑さなどにより変動します。

完成したLithophaneの後ろから光を当てると綺麗に風景が浮かび上がります。

Lithophane
完成したLithophane

まとめ

3Dプリンターによる、画像から透かし絵を作成する方法を紹介しました。

3Dプリンターさえあれば簡単に誰でも作ることができます

自分用に作成するだけでなく、思い出写真などを印刷すれば簡単なギフトとしても利用できます!

最新のテクノロジーを使った作品作りに挑戦してみませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました