家庭用3Dプリンターおすすめ【失敗しない選び方と使い方】

家庭用3Dプリンターおすすめ【失敗しない選び方と使い方】テクノロジー

3Dプリンターで医療用器具やマスクを作り出すことができると、注目を集め始め、人気沸騰中の「3Dプリンター」。

どのような種類があり、どんな使い方なのか、簡単に説明していきます。

5年以上3Dプリンターを活用している経験から、失敗しない選び方とおすすめの家庭用3Dプリンターを紹介していきます。

3Dプリンターとは?種類と使い方

3Dプリンターとは?種類と使い方

写真を印刷するように、3Dプリンターは手軽に立体的にデータをプリントすることができます。

フィギュアやスマホケース制作、透かし絵も作ることができる今需要の高まる便利アイテムです。

3Dプリンターの種類は主に2つ

3Dプリンターの種類
  • FDM(熱溶解積層)方式
  • 光造形方式

家庭用3Dプリンターとして人気に火がついているのは「FDM(熱溶解積層)方式」です。注目され始めている「光造形方式」も紹介します。

2つの簡単な原理と特徴を解説します。

FDM(熱溶解積層)方式

FDM(Fused Deposition Modeling)は日本語で熱溶解積層方式です。

FDM方式の原理

  1. フィラメント(糸状の樹脂)を熱で溶かす
  2. 薄い層を積み重ねて形を作る

簡単に言うと、アイスクリームのように樹脂の層を積み上げて形を作っていきます。

FDM方式の特徴

  • 様々な材質を利用できる(ABS,PLA,ナイロンなど)
  • 光造形方式と比べて材料の扱いが簡単

様々な材料が扱えるため、材料の硬さや色など、用途に応じて材料を使い分けることが出来ます。

光造形方式

光造形方式は、光で硬化する液体樹脂を使って造形します。

光造形方式の原理

  1. レジン(液状の樹脂)に紫外線レーザーを当てる
  2. レーザーで一層ずつ硬化を繰り返して造形

FDM方式は熱で溶かしていましたが、光造形は溶かすのではなく、固めながら積層していきます。

光造形方式の特徴

  • 主な材質はエポキシ系/アクリル系樹脂
  • FDM方式と比べて高精度で滑らかな造形

3Dプリンター使い方の流れ【たったの2ステップ】

3Dプリンター使い方の流れ【たったの2ステップ】

3Dプリンターで造形していく手順の流れを紹介します。3Dはたったの2ステップで使えます。

3Dプリンター使い方の流れ
  1. 3Dデータを用意する
  2. 3Dプリンターにデータを渡し造形

3Dデータを用意する

3Dプリント用の「3Dデータ」が必要になります。「3D CAD/CG」ソフトで「3Dデータ」を作成することができます。

「3Dデータ」を作れないという方も安心してください。3Dデータ無償共有サイトがいくつもあり、ダウンロードして初心者でも気軽に3Dプリントを楽しめます。

3Dプリンターにデータを渡し造形

3Dプリンタに専用ソフト(スライサ)を使って、「3Dデータ」を3Dプリント用に変換して「3Dプリンタ」に送ります。

3Dプリンタにデータを渡したら、造形を始めるだけです。プリント中は特に操作は必要なく、待つだけです。大きいサイズだと数時間かかる場合もあります。

3Dプリンター失敗しない選び方

3Dプリンター失敗しない選び方

3Dプリンターは価格が下がってきていますが、決して安いわけではないですよね。

失敗しない3Dプリンターの選び方を紹介します。ポイントは大きく2つです。

<<3Dプリンターの選びのポイント>>
  • 初心者は完成品を選ぶ
  • プリントできるサイズ/材料/精度を確認

初心者は完成品を選ぶ

初心者は、すでに組み立てられている「完成品」がおすすめです。

組み立てで挫折したり、失敗することがないです。

購入して家に届いたら、すぐに使い始めることができ簡単です。

組み立てタイプの良さ

完成品に比べて難易度は上がりますが、良いこともあります。

  • 新たに改良したりでき、カスタマイズ性がある
  • 自身で組み上げることで、仕組みを理解できる

プリントできるサイズ/材料/精度を確認

プリントできるサイズ/材料/精度を確認して選択しましょう。

サイズ

プリントできるサイズ=作れるモノのサイズ」です。

プリントできるサイズが大きければ、小さいものから大きいものまで造形できます。

しかし、プリントできるサイズによって3Dプリンタ本体も大きさも変わってくるので設置スペースを考えるのが大切です。

材料

3Dプリンターの造形に使うことができる材料」です。

様々なフィラメント(造形に使う材料)が登場していますが、全てのプリンターで使えるわけではないです。

「この材料も使ってみようかな…非対応だった」という事態にならないように、使える材料が多いのを選択するのがおすすめです。

精度

造形できる精度=積層ピッチ」です。

プリントの積層ピッチ(層の厚さ)が小さいほど、細かい印刷ができます。最近の家庭用3Dプリンタは印刷精度に特に大差なく、きれいに印刷できるものが増えています。

どの3Dプリンタにするか迷ったときに確認してみるのがおすすめです。

家庭用3Dプリンターおすすめ5選

家庭用3Dプリンターおすすめ5選

光造形方式

ELEGOO Mars 3Dプリンター【完成品】
ELEGOO MARS UV 光造形式 3Dプリンター
photo:amazon.co.jp
造形サイズ115×65×150mm
造形できる材料ABS類樹脂/エポキシ樹脂
造形最小ピッチ
(精度)
0.01mm

光造形方式で、扱いやすい3Dプリンターです。

印刷できるサイズは決して大きくないものの、精度が高く、積層ピッチ0.01mmのプリントは積層しているとは思えない滑らかな出来上がりです。

価格も他の光造形方式のプリンターより安く、光造形3Dプリンターを試してみたい方におすすめの一台です。

FDM(熱溶解積層)方式

XYZプリンティング3Dプリンター ダヴィンチ1.0 pro 【完成品】
XYZプリンティング3Dプリンター ダヴィンチ1.0 pro
photo:amazon.co.jp
造形サイズ200×200×200mm
造形できる材料PLA/ABS/PETG
造形最小ピッチ
(精度)
0.02mm

家庭用プリンターで高性能3Dプリンターといえばこれ。

他のプリンターと比較すると高価ですが、このクオリティでは安いくらいです。自動調整機能もあり、初心者にも扱いやすいです。

造形サイズ、精度ともに申し分ない、選んで間違いない3Dプリンターです。

XYZプリンティング3Dプリンター ダヴィンチmini 【完成品】
XYZプリンティング3Dプリンター ダヴィンチmini
photo:amazon.co.jp

造形サイズ150×150×150mm
造形できる材料PLA/PETG
造形最小ピッチ
(精度)
0.1mm

ダヴィンチを小型化したminiモデル。

造形精度は落ちてしまうものの、試作品や家庭での作品作りで充分活躍します。

操作性も良く、コンパクトタイプで置き場所に困らないため、小さいスペースで3Dプリンターを利用するのにピッタリの一台です。

FLASHFORGE 3Dプリンター Finder【完成品】
FLASHFORGE 3Dプリンター Finder【完成品】
photo:amazon.co.jp

造形サイズ140×140×140mm
造形できる材料PLA/ABS
造形最小ピッチ
(精度)
0.05mm

最大の特徴は家庭用3Dプリンターに嬉しい超静音設計。

3Dプリンターは動作音を抑えたモデルで家庭はもちろんオフィス内の設置利用にも最適です。

プリントサイズがやや小さめですが小物を作るには十分。3Dプリンターで超静音タイプを探している方におすすめの一台です。

Creality Ender-3 3Dプリンター【組立式】
Creality Ender-3 3Dプリンター【組立式】
photo:amazon.co.jp
造形サイズ220×220×250mm
造形できる材料PLA/ABS/WOOD/TPU
造形ピッチ
(精度)
0.1mm

造形サイズは家庭用では最大級で、コスパの良い3Dプリンターです。

組立式で初心者には少しハードルが高いですが、詳しい組立ガイドもあり3Dプリンターの仕組みを理解することにもつながります。

印刷できる材料の種類も多く、様々な作品を作りたい方におすすめの3Dプリンターです。

家庭用3Dプリンターおすすめ選び方と使い方【まとめ】

おすすめの3Dプリンターの選び方と使い方も合わせて紹介してきました。

使い方
  1. 3Dデータを用意する
  2. 3Dプリンターにデータを渡し造形
選び方
  • 初心者は完成品を選ぶ
  • プリントできるサイズ/材料/精度を確認
組立でもコスパ求めるならコレ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました