Galaxy Watch Active2ココが違い【比較レビュー】

Galaxy Watch Active2ココが違い【比較レビュー】テクノロジー

近年、スマートウォッチは様々な製品が登場。

Samsungのスマートウォッチは「Galaxy Watchシリーズ」と「Galaxy Activeシリーズ」が展開されています。

「Galaxy Watch Active 2」が登場しましたが、どう新しくなったのか気になるところですね。

  • 「Galaxy Watch」との違い比較
  • 前モデル「Galaxy Watch Active」との違い比較

をしていきます。

「Galaxy Watch Active2」はより健康志向に特化したようなモデルになっています。

Galaxy Watch Active 2

カラーデザイン

Galaxy Watch Active 2カラーデザイン。ゴールド(バンド:茶色)、ゴールド(バンド:ピンク)、ブラック(バンド:黒)、シルバー(バンド:黒)
photo:galaxymobile.jp

本体の色はブラック、ゴールド、シルバーの3種類です。

初期同梱のバンドとの組み合わせは、

  • ゴールド(バンド:茶色)
  • ゴールド(バンド:ピンク)
  • ブラック(バンド:黒)
  • シルバー(バンド:黒)

本体フレーム・バンドは自分で追加購入カスタマイズもできるので、デザイン性は多様です。

スペック

Galaxy Watch Active2 44mmモデルスペック
(カッコ内は40mmモデル)
  •  本体サイズ(幅x高さx厚さ)
  • 44x44x10.9mm (40×40×10.9mm)
  •  本体重量
  • 42g (37g)
  •  ディスプレイサイズ
  • 1.4インチ 約34.5mm (1.2インチ 約30.2mm)
  •  ディスプレイ
  • Circular Super AMOLED
  •  ガラス
  • Corning® Gorilla® Glass DX+
  •  バッテリー
  • 340mAh (247mAh)
  •  AP
  • Exynos 9110 Dual core 1.15GHz
  •  OS
  • Tizen Based Wearable OS 4.0
  •  メモリ
  • Bluetooth: 750MB RAM + 4GB 内蔵メモリ
  •  センサー
  • 加速度、ジャイロ、気圧、心拍、環境光
  •  耐久性
  • 5ATM + IP68 / MIL-STD-810G
  •  対応機種
  • Android5.0以上RAM1.5GB以上 / iOS 9.0以上(iPhone5以降の機種)

Corning® Gorilla® Glass DX+:全世界60億台以上のデバイス搭載Gorilla Glass最高クラス
5ATM + IP68:水泳可能+微細塵を完璧防護、水没に耐える
MIL-STD-810G:米国国防総省の調達基準の18項目に準拠試験

Galaxy Watch Active2 の特徴

Galaxy Watch Active2 の特徴
Galaxy Watch Active2できること
(他にもまだまだ)
  • LINEやTwitterなどのSNS通知/返信/通話
  • カレンダー・リマインダー機能
  • YouTubeが見れる
  • 音楽を聴ける
  • 天気や高度が見れる
  • ストップウォッチ機能
  • 音声メモ・自動文字生成
  • スクリーンショット
  • 連絡先の登録
  • アラーム

「Galaxy Watch Active2」ができることは基本的に「Galaxy Watch」と大差ありません。何ができるか知りたい方はこちらを参照。

>>Galaxy Watchこれは使える!実用的スマートウォッチ

「Galaxy Watch Ative2」の主な特徴はこの3つ。

詳しく見ていきます。

外枠と境目のない液晶でタッチベゼル搭載

外枠と境目のない液晶でタッチベゼル搭載
photo:amazon.co.jp

本体の外枠と有機EL液晶が境目なく設計され、デザイン性が高くなっています。

「Galaxy Watch Active2」はシームレスな形状で、物理的な回転ベゼルがなくても、タッチベゼルによって画面をスクロール操作することができます。

服装に合わせたウォッチフェイス

その日着ている服の写真を撮ればGalaxy Watch Active2が、服装に合わせたウォッチフェイスを作成
photo:galaxymobile.jp

簡単に変更出来るウォッチフェイスに進化しました。

その日着ている服の写真を撮れば、Galaxy Watch Active2が、服装に合わせたウォッチフェイスを作ってくれます。

毎日、服装に合わせた時計を身に着けることができ、よりオシャレも楽しくなりそうですね。

心拍数管理とアラート

GalaxyWatch Active2は異常な心拍数を計測するとアラートを発する機能を搭載
photo:amazon.co.jp

心拍センサーとモーション検出センサーの統合型心拍モニターを搭載し、一般的な健康管理・フィットネス面でパワーアップしました。

異常な心拍数を計測するとアラートを発する仕組みになっていて、より健康志向が高いスマートウォッチになっています。

Galaxy WatchとGalaxy Watch Active2の違い比較

「Galaxy Watch」と「Galaxy Watch Active2」の違い比較

Galaxy Watch シリーズとの違いは、

  • 服装に合わせたウォッチフェイス
  • 心拍数管理とアラート
  • 物理ベゼルではなくタッチベゼル

が追加されているところです。

「Galaxy Watch シリーズ」もウォッチフェイス変更可能でしたが、自身で素材を用意して設定する必要がありました。また、心拍数計測機能はありましたが、異常を知らせるアラート機能もありませんでした。

Galaxy Watchシリーズには標準搭載の「ベゼル」。ベゼル(外枠のリング)を回転させると、スクロール操作できるものでした。画面上で実現することで、「Galaxy Watchsシリーズ」に劣らない操作性を実現しています。

前モデルGalaxy Watch ActiveとActive2の違い比較

「Galaxy Watch Active」と「Galaxy Watch Active2」の違い比較

「Galaxy Watch Active」との違いは、「Galaxy Watch Active2」の特徴3つに加えて、サイズのレパートリーとスピーかーが増えました。

  • タッチベゼル搭載
  • 服装に合わせたウォッチフェイス
  • 心拍数管理とアラート
  • サイズが40mmと44mmの2種類
  • スピーカー搭載

「Galaxy Watch Active」には無かった「ベゼル」機能が搭載され、より操作性が向上しました。

ウォッチフェイスのデザインも服装に合わせて生成でき、心拍数計測に用以上アラート機能も搭載されました。

そして、「Galaxy Watch Active」では39.5mmモデルだけだったのが、「Galaxy Watch Active2」では40mmと44mmの2種類を展開しました。

男性から女性まで様々な体格でも時計がフィットし、より運動にも使いやすくなりました。

またスピーカーを搭載し、音楽や動画の再生などできることが大きく広がり、使いやすくなりました。

Galaxy Watch Active2違い【比較レビュー】まとめ

Galaxy Watch Active2できること
  • LINEやTwitterなどのSNS通知/返信/通話
  • カレンダー・リマインダー機能
  • YouTubeが見れる
  • 音楽を聴ける
  • 天気や高度が見れる
  • ストップウォッチ機能
  • 音声メモ・自動文字生成
  • スクリーンショット
  • 連絡先の登録
  • アラーム

Galaxy Watch Active2の特徴
  • 外枠と境目のない液晶でタッチベゼル搭載
  • 服装に合わせたウォッチフェイス
  • 心拍数管理とアラート
他のシリーズとの違い
「Galaxy Watch」との違い
  • 服装に合わせたウォッチフェイス
  • 心拍数管理とアラート
  • 物理ベゼルではなくタッチベゼル
  • フォーマル&カジュアル→見た目普通の時計「Galaxy Watch」
  • カジュアル&スポーツ・フィットネス→「Galaxy Watch Active2」

という選び方がおすすめ。

前モデル「Galaxy Watch Active」との違い
  • タッチベゼル搭載
  • 服装に合わせたウォッチフェイス
  • 心拍数管理とアラート
  • サイズが40mmと44mmの2種類
  • スピーカー搭載

「Galaxy Watch Actie2」は、完全な上位互換になっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました