最新!Ankerロボット掃除機Eufy RoboVacの違い比較【おすすめの選び方】

最新!Ankerロボット掃除機Eufy RoboVacの違い比較【おすすめの選び方】スマートホーム

Eufy RoboVacって何?

製品の違いがイマイチ分からない

という疑問を解消していきます。

「ロボット掃除機」と言えばルンバでした。

充電器で有名なAnker(アンカー)からも続々とロボット掃除機が登場。

Ankerのロボット掃除機「Eufy RoboVac」は高機能で低価格、コスパの良いロボット掃除機です。

Eufy RoboVacは全10種類ですが、スマホでアプリ操作できる便利モデルが続々発売。

今回はスマホアプリ対応の「Eufy RoboVac」最新4機種の違い比較と、おすすめの選び方も紹介していきます。

※2020年8月28日現在

Ankerロボット掃除機「Eufy RoboVac」とは

Anker「Eufy RoboVac」とは

「Eufy」は、手頃な価格で実用的スマートホームソリューションを提供するAnkerのブランドです。

「Eufy RobotVac」は、Eufyのロボット掃除機(Robot Vacuum)といった意味。

シリーズ全種類が充電ステーションで自動充電でき、ダストボックスも全種類水洗い可能で、衛生的にお手入れできます。

最新モデルは、アプリやAmazon Alexa/Google Homeからの音声操作ができ、スマートホーム化に最適。

また、テープを張り掃除エリアを自由に変更、水拭き可能なモデルも展開されています。

便利なアプリ機能

Anker「Eufy RoboVac」便利なアプリ機能

今回紹介するEufy RoboVac機種は全種アプリ対応製品です。

Eufy RoboVac専用アプリ「EufyHome」がiOS/Android向けに用意されています。

本体操作用リモコンも付属していますが、スマホから簡単に時間の指定や掃除日の予約が出来ます。

わざわざ本体のスイッチを押しに行かなくても簡単に動かせて便利ですね。

外出先からスマホ操作もできるので、「急遽、ゲストが来る!」なんて時も任せておくことが出来ます。

ロボット掃除機「Eufy RoboVac」シリーズの見方

Eufy RoboVacは、いくつかのシリーズが登場。

シリーズ番号が大きいほどグレードが高く多機能になっています。

また「Hybrid」モデルは吸引掃除だけでなく、水拭きも搭載していて1台2役で便利です。

今回、違い比較していくアプリ対応Eufy RoboVacは次の5種類です。

Ankerロボット掃除機「Eufy RoboVac」違い比較

Anker Eufy RoboVacシリーズ、選ぶ際に重要な違いを6項目で比較していきます。

比較する項目は次の6つです。

吸引力

Eufy RoboVac吸引力

吸引力は、角や隅を掃除する際に特に重要になります。

吸引力が強いほど、掃除機が苦手な角や隅まで掃除する能力が高くなります。

「掃除したはずなのに机の脚に汚れが…」

なんてことも防げるはずです。

Eufy RoboVac L70 Hybrid」が2200Paと吸引力が最も優れています。ほかのモデルも2000Paとパワフルです。

Eufy RoboVacG10 Hybrid15C Max30C MaxL70 Hybrid
吸引力2000Pa2000Pa2000Pa2200Pa

水拭き機能

Eufy RoboVac水拭き機能

「床のべたつきもロボットに任せたい…」

という方も多いのではないでしょうか。

吸引掃除だけでなく、水拭きまでできるのが「Hybrid」モデルです。

Eufy RoboVac L70 Hybrid」と「Eufy RoboVac G10 Hybrid」が吸引+水拭き掃除をすることが出来ます。

Eufy RoboVacG10 Hybrid15C Max30C MaxL70 Hybrid
水拭き搭載××

掃除時間

バッテリー持ちによる掃除時間が長時間のロボット掃除機ほど、広い範囲を掃除できます。

最もバッテリー容量が大きく長時間稼働できるのは「Eufy RoboVac L70 Hybrid」です。

Eufy RoboVacG10 Hybrid15C Max30C MaxL70 Hybrid
掃除時間約80分約100分約100分約150分

充電後に自動再開

Eufy RoboVac充電後に自動再開

Eufy RoboVac全機種が充電ステーションへ自動で戻り充電する機能搭載。

「掃除途中で力尽きてた…」

なんて事が起こらないように対策されています。

充電後、さらに掃除を再開する自動再開機能を持っているのは「Eufy RoboVac L70 Hybrid」と「Eufy RoboVac G10 Hybrid」です。

Eufy RoboVacG10 Hybrid15C Max30C MaxL70 Hybrid
充電後
自動再開
××

テープでエリア指定

Eufy RoboVacテープでエリア指定

掃除を任せたいけど「ココは掃除しなくて大丈夫」という場所もありますよね。

長さ調節自由な厚さテープを張ることで掃除エリアを自由に変えられるモデルもあります。

テープでエリア指定できるのは「Eufy RoboVac L70 Hybrid」「Eufy RoboVac G10 Hybrid」です。

Eufy RoboVacG10 Hybrid15C Max30C MaxL70 Hybrid
テープ
エリア指定
××

Amazon Alexa/Google home対応

Eufy RoboVac:Amazon Alexa/Google home対応

近年スマートホーム化が加速しています。

Amazon Alexa/Google homeに話しかけるだけで「掃除開始・一時停止・再開・終了」を操作することが出来るモデルも登場。

たとえば、読書しながら

「Alexa,ロボバックを使って掃除をして」

と言えば自動で掃除を始めてくれます。スマート化は便利ですよね。

音声操作に対応しているのは「Eufy RoboVac 15C Max」のみです。

Eufy RoboVacG10 Hybrid15C Max30C MaxL70 Hybrid
Alexa対応×××

Ankerロボット掃除機 Eufy RoboVac違い比較【一覧表】

価格・発売日も含めて違い比較を表にまとめました。

Eufy RoboVacG10 Hybrid15C Max30C MaxL70 Hybrid
吸引力2000Pa2000Pa2000Pa2200Pa
水拭き搭載××
掃除時間約80分約100分約100分約150分
充電後
自動再開
××
テープ
エリア指定
××
Alexa対応×××
価格(Amazon)26,800円19,800円24,800円54,800円

Ankerロボット掃除機「Eufy RoboVac」おすすめと選び方

比較してきたEufy RoboVacの中から、特におすすめの3種類を紹介していきます。

選び方のポイントも参考にしてみてください。

失敗しない高機能なら「Eufy RoboVac L70 Hybrid」

高い吸引力・水拭き・充電後自動再開など機能が充実し、掃除時間も最長の約150分です。

「この機能も欲しかった…」

と後悔したくない方におすすめの一台です。

最安を求めるなら「Eufy RoboVac 15C Max」

ロボット掃除機の基本機能が搭載。加えて唯一「Alexa対応」で音声操作できます。

「Alexa,ロボバックを使って掃除をして」

と言いながら読書したい方にもおすすめのエントリーモデルです。

コスパで選ぶなら「Anker Eufy RoboVac G10 Hybrid」

「機能も価格も重視したいのが本音…」

吸引も水拭きもできて価格も安いバランスの取れたモデル。

コスパを求めるならコレで決まりです。

Ankerロボット掃除機「Eufy RoboVac」違い比較【まとめ】

いかがだったでしょうか。

まだ迷っている方は「Eufy RoboVac 15C Max」がおすすめです。

なぜならAlexa対応で近年加速しているスマート化に最適だからです。

使いやすさも良く、ロボット掃除機として十分に力を発揮してくれるはずです。

自分に合ったEufy RoboVacを選択して掃除時間を有意義にしてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました