【ココが違い】AirPods ProとWF-1000XM3どっち買う?【比較レビュー】

Apple AirPods ProとSONY WF-1000XM違い比較テクノロジー

SONY WF-1000XM3とAirPods Pro

違いがイマイチ分からない…

という悩みを解消します。

最近、持ち運び便利な完全ワイヤレスイヤホンが数多く登場。

AppleのAirPods ProとSONYのWF-1000XM3がノイズキャンセリング付では人気の製品です。

しかし、どっちがいいのか迷っている方も多いのではないでしょうか。

AirPods ProWF-1000XM3のそれぞれの最大の特徴と違いを比較しまとめていきます。

※音の聞こえ方・装着感には個人差があります

Apple AirPods Proの特徴

「AirPods」と「AirPods Pro」の違い

「AirPods」と「AirPods Pro」の違い

AirPods ProAirPodsの完全な上位互換と言えます。

バッテリーの持ちほぼ同じで、防水機能とノイズキャンセリング機能が搭載されました。

もちろん、音質も向上していますが、一番は「うどん」ではなくなったということです。

前モデルのAipPodsは本体がやや長く、耳からうどんが垂れているように見えました。

AirPods Proでは、本体がかなりコンパクトでスタイリッシュになり、うどんには見えなくなりました。

Apple AirPods Pro最大の特徴

Apple AirPods Pro最大の特徴

AirPods Pro最大の特徴は装着感です。

耳には少しはめ込む程度で圧迫感がなくストレスフリーで使用できます。

また、コンパクトで軽く、耳に着けている感覚を感じないほどです。

防水防滴の性能があり、汗をかくスポーツやフィットネスでも活躍します。

一方で、音質は3万円にしてはシャリシャリとしています。

音質に満足していないユーザーも多いも事実です。

また、充電端子がライトニングケーブルで、iPhoneユーザー以外には使いにくい仕様です。

しかし、iPadやMACとの接続の切り替えがスムーズなうえ、今後のソフトウェアアップデートでApple製品ユーザーにはさらに使いやすくなる可能性があります。

SONY WF-1000XM3の特徴

SONY WF-1000XM3の特徴

SONY WF-1000XM3最大の特徴は、高音質です。

完全ワイヤレスイヤホンの音質で右に出るものはありません。

普通音源をハイレゾ級にレベルアップさせる「DSEE HX」機能を完全ワイヤレスイヤホンで初搭載しています。

重低音までしっかり聞こえて、深みと広がりのある没入感を味わうことができます。

イヤホンの密閉性が高く、ノイズキャンセリングなしでも外音を物理的にカットできます。

一方で、防水防滴性とワイヤレス充電に対応していません。

スポーツやフィットネスというより、電車やデスクといった屋内での使用に適しています。

関連記事 【SONY WF-1000XM3レビュー】最高の音質とノイキャンを使った正直な感想

Apple AirPods ProとSONY WF-1000XM【違い比較】

大きな違いはココ!
  • 装着感
  • ノイズキャンセリング・音質
  • 防水・防滴性
  • 設定・カスタマイズ性

違い比較①:装着感

Apple AirPods ProとSONY WF-1000XM違い比較:装着感

軽くてコンパクトなAirPods Proは、着けている感覚がなく、ストレスフリーの装着感です。

一方で、SONYはイヤーピースで物理的な遮音を実現のため、AirPods Proと比較すると圧迫感を感じます。

重さは、SONYのイヤホンが約8.4g、AirPods Proが約5.4gと3gの差があります。

3時間程度の使用だと差はありません。しかし、たった3gでも長時間使用でSONYイヤホンで耳に痛みを感じることもあります。

違い比較②:音質

Apple AirPods ProとSONY WF-1000XM違い比較:音質・ノイズキャンセイリング

音質は圧倒的にSONY WF-1000XM3が上でした。

重低音までしっかり聞こえて奥行きのあるサウンドを楽しめます。

一方で、AirPods Proは音が重低音の重さを感じず、シャリシャリとして音質で満足するのは難しい印象。

ノイズキャンセルの違い

ノイズキャンセリングが気になると思います。

SONY WF-1000XM3がカチッと消えるのに対して、AirPods Proはふわっと消しているような感じです。

しかし、ノイズキャンセリングの性能自体には特に大きな差は感じませんでした。

違い比較③:防水・防滴性能

Apple AirPods ProとSONY WF-1000XM違い比較:防水・防滴性

防水・防滴性はWF-1000XM3には非搭載で、AirPods Proには搭載されています。

雨が降っていたり、汗をかくスポーツをしている時も安心して使用することが出来ます。

雨天外出時も安心して使いたいという方にはAirPods Proがおすすめです。

違い比較④:設定・カスタマイズ性

Apple AirPods ProとSONY WF-1000XM違い比較:設定カスタマイズ性

カスタマイズ性はSONY WF-1000XM3の方があります。

専用アプリ「Headphones Connect」を入れることでイコライザーや操作を好みに設定することが出来ます.

一方で、Airpods Proはタップ操作を設定出来る程度で、それ以外のカスタマイズをすることが出来ません。

しかし、アクティブイコライザーで自動で耳に合ったサウンドコントロールをしているという。

また、今後のソフトウェアアップデートでカスタマイズ性が出てくる可能性はあります。

迷ったら用途で選ぶ

AirPods Proがおすすめな方

装着感が良く、使用場面を選ばないのがAirPods Proです。

また、Apple製品との相性は抜群です。

Apple製品ユーザーで、MacやiPadなど製品間の切り替えもスムーズに行いたい方にピッタリです。

「音質にはこだわらないが、常に装着して聞きたいときに聞く」

という使い方にはおすすめのイヤホンです。

SONY WF-1000XM3がおすすめな方

とにかく音質が良く、カスタマイズ性もあります。

完全ワイヤレスイヤホンでも音質に妥協したくない、サウンドを楽しみたいという方にピッタリ。

屋内で勉強や作業に集中したい、高音質で音楽に浸りたいという方におすすめのイヤホンです。

Apple AirPods ProとSONY WF-1000XM違い比較【まとめ】

Apple AirPods ProとSONY WF-1000XM違い比較【まとめ】

同じノイズキャンセリング機能付きワイヤレスイヤホンでも特徴が大きく違いました。

音質や機能だけで選ぶのが難しい方は、自分のライフスタイルのどこで使っていきたいのかを考えると選択しやすいです。

私は、勉強や作業での仕様が多く、AndoroidユーザーでAirPods Proの性能を十分に発揮できないと思い、SONY WF-1000XM3を選択しました。

自分に合ったイヤホンで、ノイズを気にせず音楽を楽しんでみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました