【Amazon返品やり方】かんたん終了!着払い返送

返品方法ライフハック

Amazon(アマゾン)では、数億にも上る様々なジャンルの商品が並び、毎日様々商品が売買されています。

商品やり取りの中で希望通りの商品が届かなかったり、家電製品などの初期不良が生じる事態がどうしても起きてしまいます。

この様な時に返品作業が必要になる場合がほとんどです。

こんな方に読んでほしい

・Amzonの返品が初めてでやり方が分からない

・返品方法について詳しく知りたい

という方向けに郵便局からの着払い返送に絞って詳しく解説。

Amazonでの商品の返品手続き

まず、商品を返送するための手続きをアマゾンでしていきます。

返品する商品を購入履歴から見つける

返品していない商品は「商品の返品」というボタンが表示されています。

「商品の返品」をクリックします。

返品理由(必須)を選択し、理由を記入し「次へ」

次の画面で、返金の方法を選択。

「次に進む」をクリック

最後に返品の内容についての確認。

確認出来たら「返送手続きを開始」をクリック。

ここまでで、Amazonでの返品申請手続きは終了です。かんたんですね。

次に、返品のための商品準備をしていきます。

返品のための商品準備のやり方

返送のための箱詰めをしていきます。

手順

  • 適当な返送用段ボールの準備
  • 返品受付IDのメモまたはプリントの準備&同梱
  • 返品受付IDの同梱&梱包

適当な返送用ダンボールの準備

返送のための段ボールを準備。

商品が送られてきたダンボールを使うのが良いですが、捨ててしまった場合は手持ちのダンボールで十分です。

Amazon段ボール

返品用ダンボールの準備ができたら返品する商品を配置します。

商品の配置

このままでは、商品が箱の中で動いてしまいます。動かないように紙などで周囲を詰めていきます。

段ボール内を詰める

返品商品確認用のメモまたはプリントの準備&同梱

先ほど行ったAmazonでの返品のための返送手続き後に、Amazonから返品受付のメールが届きます。

「返送方法を確認」をクリック。

返品受付メール

返送方法についての内容が記載された画面に移ります。

返品用ラベルの準備

「プリンターがある場合」と「プリンターがない場合」に分けて解説します。

プリンターがある場合

ここで一番上にある「返品用ラベルと返送手順を表示・印刷」をクリック。印刷します。

返送方法

出てきた用紙の「返品受付ID」が分かる位置を適当に切り離します。

プリントした用紙

プリンターがない場合

メール下に記載されている「返品受付ID」を適当な用紙に

「返品受付ID:<商品の返品受付ID>」

の様にメモします。

返品受付IDの同梱&梱包

最後に「プリンターがある場合」、「プリンターがない場合」で用意した用紙を商品と同梱します。

同梱
同梱したダンボール

プリンタで印刷した用紙で、切り離したもう一方をダンボールに貼っておくと、後で郵便局からの発送のとき住所等を書き移すのに便利です。

郵便局からの着払い発送のやり方

郵便局で先ほど用意した返品用の上品同梱済みの段ボールを着払い発送の手続きをします。

まず、郵便局で伝票が置かれている場所から着払い発送用の伝票をもらいます。

郵送用伝票

左上に「着払」と書かれているのが着払い発送用の伝票です。

着払い伝票

こちらに必要事項を記入していきます。

発送伝票

これを郵送手続きのできるカウンターへ持ち込み「着払いでお願いします」と伝えれば、寸法等を測り始め手続きを済ませることができます。

以上で着払い発送の手順はすべて完了です。

Amzon返品の確認

後日返品の確認メールにて「返金のご確認」という返金がされた通知が来ます。

この通知通り、返金がされていれば返品は無事完了です。

※ほとんどの場合着払いで可能、元払いであった場合ほとんどの場合は返金時にその送料だけ差し引かれて返金される形をとられます。

お疲れさまでした。

まとめ

いかがだったでしょうか。

返品手続きは難しいと感じてしまい手続きをしない方もいますが、アマゾンの手順通りに返品作業を進めていけば簡単に手続きを済ませることができます。

Amazon公式の返品手続きのやり方はこちら

返品したい商品があった時の返品作業の助けになれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました