Amazon Echoシリーズはココが違い!【比較レビュー】

Amazon echoシリーズはココが違い!【比較レビュー】スマートホーム

「アレクサ!今日の天気は?」とか言って

使いたいけど、「Amazon Echoシリーズ」の違いがわからない…

スマートスピーカー「Amazon Echoシリーズ」は人気上昇中で使う人も増えてきています。

しかし、「Amazon Echo」だけでなく、画面付きの「Amazon Echo show」など様々な種類の機種が登場。

「Amazon Echoシリーズ」それぞれの、機能や音質の決定的な違いと特徴を解説していきます。

Amazon Echoシリーズはこの7種類

Amazon Echoシリーズはこの7種類(Echo Dot,Echo Show 5/8/10,Echo Flex,Echo Plus,Echo,Echo Studio)

Amazon Echoシリーズは次の7種類を展開しています。

Amazon Music unlimited6,500万曲聞き放題
Echoシリーズ
全シリーズできること
  • Alexaによる音声アシスト
  • 音楽ストリーミングサービス対応(prime music等)
  • 外部スピーカー接続
  • 音声通話
  • 家電操作(※別売り機器必要)
  • リモコン家電操作(※別売り機器必要)
  • 音声ショッピング

どの機種を選んでも、音声操作の機能は違いに大差ないです。

Amazon Echoシリーズの特徴はココ!

Amazon Echoシリーズの特徴はココ!
  • 1
    Echo Flex
    photo:amazon.co.jp

    シリーズ唯一のコンセントに挿して使えるプラグイン式。スピーカーが小さく音質は期待できない。

  • 2
    Echo Dot
    photo:amazon.co.jp

    コンパクトサイズで安価。Echo最初の一台に選ぶ人も多い。

  • 3
    Echo Dot with clock
    photo:amazon.co.jp

    Echo DotのLEDディスプレイ付。天気や気温、時計を表示できる。

  • 4
    Echo
    photo:amazon.co.jp

    Echo Dotよりスピーカー音質が良く、ダイナミックな低温も楽しめる

  • 5
    Echo Plus
    photo:amazon.co.jp

    Echoに温度センサ内蔵され、部屋の温度を音声で確認できる。

  • 6
    Echo Studio
    photo:amazon.co.jp

    サウンドに特化し、没入感のある立体的な音を作り出す。

  • 7
    Echo Show
    photo:amazon.co.jp

    カメラ、ディスプレイを搭載し、ビデオ通話など画面を使った操作が可能。

全Echoシリーズのスペックの違いを比較

機種Echo
Flex
Echo
Dot
Echo Dot
with clock
EchoEcho
Plus
Echo
Studio
Echo
Show
電源コンセントUSBUSBUSBUSBUSBUSB
カメラ

画面
××××××
温度
センサ
××××××
大きさ72x67x52
mm
43x99x99
mm
43x99x99
mm
148x99x99
mm
148x99x99
mm
206x175x175
mm
246x174x107
mm
重さ150g300g300g780g780g780g1,755g
価格2,980円5,980円6,980円11,980円17,980円24,980円27,980円

音声操作はどの機種でも同じようにでき、

  • 「Echo Flex」がコンセント電源
  • 「Echo Plus」が温度センサー付
  • 「Echo Show」がカメラ・画面付

というのがスペックを大まかに比較したときの違いになります。

Amazon Echo 選び方のポイント

音声操作では、特に大差がないので「Echoシリーズ」から目的別に選ぶのがおすすめです。

選び方のポイント
  • コンパクトで安く済ませたい
  • スピーカーとして音質もこだわりたい
  • 音だけじゃなく、目でも情報を見たい

「コンパクトで安く済ませたい」なら「Echo Dot」

amazon echo dot コンパクトで安く済ませたいならこれ。カラーバリエーション手前から、チャコール/ヘザーグレー/サンドストーン/プラム
photo:amazon.co.jp

カラーバリエーションは手前から、チャコール/ヘザーグレー/サンドストーン/プラムです。

「コンパクトで置き場所を取らず、安く済ませたい」

という方には「Echo Dot」がおすすめです。

音声操作もしっかりでき、スマートスピーカーとしての役割を果たせて、価格も安く出費も抑えられます。

カラーバリエーションもechoシリーズでは豊富なので、部屋の雰囲気にピッタリな色がきっと見つかります。

スマートスピーカー最初の一台に、人気のデバイスです。

「スピーカーとして音質もこだわりたい」なら「Echo Studio」

「スピーカーとして音質もこだわりたい」なら「Echo Studio」
photo:amazon.co.jp

「スピーカーとして音質もこだわりたい」

という方には「Echo Studio」がおすすめです。

部屋の音響特性を自動分析し、最適なサウンドに調整します。

5つのスピーカーを駆使して、部屋を埋め尽くす立体感のあるスタジオ品質の音を作り出します。

音声操作だけでなく、音質までしっかり楽しみたいという方におすすめの一台です。

「音だけじゃなく、目でも情報を見たい」なら「Echo Show」

「音だけじゃなく、目でも情報を見たい」なら「Echo Show」
photo:amazon.co.jp

「音声だけでなく、ひと目で情報を知りたい」

という方には「Echo Show」がおすすめです。

Echo Show 5/8/10の違いを比較

Echo Showはディスプレイの大きさで3種類展開されています。

シリーズEcho Show 5Echo Show 8Echo Show
ディスプレイ5.5インチ8インチ10.1インチ
スピーカー1.65インチ 4W スピーカー2.0インチ 10Wスピーカー x 22.2インチ 10W スピーカー x 2
カメラ1MP1MP5MP
大きさ148x86x73mm200x136x99mm24x174x107mm
重さ410g1,037g1,755g
価格9,980円14,980円17,980円

「Echo Show 5」や「Echo Show 8」では画面サイズが小さく、ぱっと見て分かりづらいです。価格は高くなりますが、選ぶなら画面が大きく、カメラ/音質が最良な「Echo Show」一択です。

「Echo Show」は天気や写真を見るのはもちろん、カメラ付きでビデオ通話にも活用できます。タッチパネルになっているので設定やサービスの操作も指でサクッと行えます。

キッチンに置き「おすすめの料理教えて」と聞いて、作り方を表示してもらう使い方もできます。

ひと目で情報を知りたい、ディスプレイとしてYouTubeなども見たい方におすすめの一台です。

Amazon echoシリーズ比較レビュー【まとめ】

Echoシリーズの特徴をまとめると次のようになります。

機種特徴
Echo Flex
シリーズ唯一のコンセントに挿して使えるプラグイン式。スピーカーが小さく音質は期待できない。
Echo Dotコンパクトサイズで安価。Echo最初の一台に選ぶ人も多い。
Echo Dot with clockEcho DotのLEDディスプレイ付。天気や気温、時計を表示できる。
EchoEcho Dotよりスピーカー音質が良く、ダイナミックな低温も楽しめる。
Echo PlusEchoに温度センサ内蔵され、部屋の温度を音声で確認できる。
Echo studio音質に特化し、没入感のある立体的な音を作り出す。
Echo showカメラ、ディスプレイを搭載し、ビデオ通話など画面を使った操作が可能。

迷ったら目的別で選びましょう。目的別のおすすめEchoは次の3つです。

Amazon Music unlimitも同時に試すのがおすすめ!

Amazon Music unlimited6,500万曲聞き放題
Amazon.co.jp: Amazon Music Unlimited
新曲から名盤まで、6,500万曲以上が聴き放題。気分や活動に合わせて聴くプレイリスト、好きなだけ楽しめるステーションも。オフライン再生も可能。

リモコン家電を簡単に音声操作できる「スマートリモコン」についても紹介しています。

>>【Nature Remo レビュー】スマートリモコン快適生活の感想

それでは、

スマートスピーカーで快適なスマートライフを過ごしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました